サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      “64億円FW”ヴェルナー 王者リバプールではなくチェルシー移籍を選んだ理由とは?

       ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーは、今夏の移籍市場でリバプールへの移籍が報じられてきた。しかし、最終的にチェルシーへ移籍。現地時間20日に行われるプレミアリーグ第2節での両チームの対戦を前に、ヴェルナーがリバプール移籍に至らなかった理由を説明している。英紙「メトロ」が報じた。
       昨シーズンのブンデスリーガで28得点を挙げて得点ランキング2位となったヴェルナーは、新天地チェルシーでも開幕戦から存在感を示した。ブライトン戦の前半23分、スピードに乗ったドリブルでペナルティーエリア内で仕掛け、相手GKに倒されてPKを獲得。その後も攻撃を牽引し、チームの3-1の勝利に貢献した。
       20日に行われる第2節では、昨季王者リバプールとの大一番を迎える。この試合を前にヴェルナーは、今夏にリバプールを含む複数クラブから関心を寄せられたなかで、チェルシーに移籍した理由を説明した。
      「ライプツィヒを離れると決めた時、他のクラブからもオファーがあった。チェルシー以外にも交渉したクラブはあったけれど、あまり多くのことを話したくはない。最終的に僕はチェルシーを選んだのだからね。リバプールからも話はあった。彼らは素晴らしいチームであり、もしかしたら僕のスタイルに合っていたかもしれない。でも、最終的にチェルシーを選んだ。なぜなら、それが最高の決断だと感じたからだ。サッカーのスタイルだけではなく、彼らが示してくれたビジョンに惹かれたんだ」
       ヴェルナーは、開幕戦でPKを獲得した際に、打撲したと報じられている。だが、本人は2試合連続出場に強い意欲を持っているようだ。
      「試合が楽しみだ。プレミアリーグには素晴らしいクラブが多くある。でも、リバプールは世界でも有数のクラブだ。彼らは昨季のリーグ戦を制し、そのままのチームで戦っている。彼らは昨季よりも強くなっているだろう。僕たちがどこまでいけるかを測る意味でも、良いチャレンジになるよ」
       チェルシーはヴェルナーの獲得に向けて、4750万ポンド(約64億円)を支払ったとされる。リバプールは、この金額を支払えなかったと報じられているが、この移籍金に見合うだけの選手かが、この一戦で問われることになりそうだ。
      【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/283623

      “64億円FW”ヴェルナー 王者リバプールではなくチェルシー移籍を選んだ理由とは?

       ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーは、今夏の移籍市場でリバプールへの移籍が報じられてきた。しかし、最終的にチェルシーへ移籍。現地時間20日に行われるプレミアリーグ第2節での両チームの対戦を前に、ヴェルナーがリバプール移籍に至らなかった理由を説明している。英紙「メトロ」が報じた。
       昨シーズンのブンデスリーガで28得点を挙げて得点ランキング2位となったヴェルナーは、新天地チェルシーでも開幕戦から存在感を示した。ブライトン戦の前半23分、スピードに乗ったドリブルでペナルティーエリア内で仕掛け、相手GKに倒されてPKを獲得。その後も攻撃を牽引し、チームの3-1の勝利に貢献した。
       20日に行われる第2節では、昨季王者リバプールとの大一番を迎える。この試合を前にヴェルナーは、今夏にリバプールを含む複数クラブから関心を寄せられたなかで、チェルシーに移籍した理由を説明した。
      「ライプツィヒを離れると決めた時、他のクラブからもオファーがあった。チェルシー以外にも交渉したクラブはあったけれど、あまり多くのことを話したくはない。最終的に僕はチェルシーを選んだのだからね。リバプールからも話はあった。彼らは素晴らしいチームであり、もしかしたら僕のスタイルに合っていたかもしれない。でも、最終的にチェルシーを選んだ。なぜなら、それが最高の決断だと感じたからだ。サッカーのスタイルだけではなく、彼らが示してくれたビジョンに惹かれたんだ」
       ヴェルナーは、開幕戦でPKを獲得した際に、打撲したと報じられている。だが、本人は2試合連続出場に強い意欲を持っているようだ。
      「試合が楽しみだ。プレミアリーグには素晴らしいクラブが多くある。でも、リバプールは世界でも有数のクラブだ。彼らは昨季のリーグ戦を制し、そのままのチームで戦っている。彼らは昨季よりも強くなっているだろう。僕たちがどこまでいけるかを測る意味でも、良いチャレンジになるよ」
       チェルシーはヴェルナーの獲得に向けて、4750万ポンド(約64億円)を支払ったとされる。リバプールは、この金額を支払えなかったと報じられているが、この移籍金に見合うだけの選手かが、この一戦で問われることになりそうだ。
      【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/283623

      久保建英、乾との“日本人対決”で現地紙“及第点”も好プレーを評価 「自信を1対1の場面で示した」

       ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間19日、スペインのリーガ・エスパニョーラ第2節ホームのエイバル戦で後半40分から途中出場した。エイバルMF乾貴士との“日本人対決”が実現したなかで、限られた出場時間にあって現地紙の評価は及第点にとどまっているものの、寸評では「自信を示した」との評価も受けている。
       前節ウエスカ戦は引き分けで終わったビジャレアル。この日もエイバルに先制を許す展開に。それでも後半にMFジェラール・モレノ、FWパコ・アルカセルの2人の主砲がそれぞれ得意の形でゴールを決めて2-1と逆転に成功する。その状況で終盤にアルカセルと代わってピッチに入ったのは久保。アディショナルタイムを含めてわずかな時間だったが、それでも良さを見せる瞬間があった。
       同44分、右サイドに流れた久保は相手マーカーと対峙し、得意のドリブル突破を発動。ゴールライン付近をえぐった上でのラストパスに対してゴール前に詰めた味方2人が詰め切れなかったものの、チャンスを創出。アディショナルタイムにもカウンターからモレノのパスを受けてフィニッシュまで持ち込むなど、決定的な3点目を奪おうと積極的な姿勢を見せた。
       現地紙「マルカ」、「AS」ともに久保の採点は3点満点中「1点」にとどまっている。しかし「AS」のビジャレアル各選手の寸評において、久保はこのように記されている。
      「彼は右サイドにおいて、相手を圧迫する時間を作り出した。そのポジションで彼自身のクオリティ、スピード、そして自信を1対1の場面で示した」
       久保の臆さず積極的に仕掛ける姿勢は、スペイン国内でもすでに認められている。開幕2試合は途中出場という現状だが、数少ない出場機会でインパクトを残すことで、自らの立ち位置を作っていきたいところだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/283917

      内田篤人のコーチ姿を見てよみがえった14年前の記憶 「U-19日本代表の仲間は本当に大切な存在」

       内田篤人がU-19日本代表に帰ってきた――。
       9月14日からJFA夢フィールドで3日間行われたU-19日本代表候補合宿。先月、現役引退を発表した内田は“ロールモデルコーチ”という肩書きで、若き日本代表たちの指導にあたった。
       日本代表のスタッフジャージを身につけ、初々しさが残る有望株たちを見守りながら、練習の片付けやボール拾いなどサポートに徹した。アドバイスを受ける選手たちの表情を見ると、ロールモデルコーチという新設された役職の重要性を改めて感じる。
      「足りない。もっと集中して」 googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/845072

      リバプール&マンC「2強時代」に割り込むのは……2020-21プレミア大展望

       プレミアリーグの新シーズン開幕1週間前、久しぶりにロンドン市内を地下鉄で移動した。
       伸び放題だった“ロックダウン・ヘアー”の散髪に出かけたのだが、乗客がまばらな車内には駅でドアが開く度に「マインド・ザ・ギャップ」の音声が聞こえてくる。日本の駅で言えば「足下にご注意下さい」とのアナウンスに相当するが、自動的に何度も繰り返されるフレーズは、外国人でも耳に付くロンドンの地下鉄のキャッチフレーズである。
       いきなり話がサッカーから逸れてしまったが、やはり大きなギャップが存在する、プレミア2020-21シーズンのキャッチフレーズにもなりそうだ。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/845066
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ