サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      ルーニー、バルサ移籍“希望”の過去を告白 共演を願っていたのは?「一日中考えていた」

       イングランド2部ダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた2010年にバルセロナへの移籍を希望していたと明かした。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)らとの“共演”を思い描いていたという。
       ルーニーは2004年から2017年までプレーしたユナイテッドでクラブ歴代最多得点記録(250得点)を更新し、クラブのレジェンドとして歴史に名を刻んだ。
       しかし、2010年にはクラブの補強方針に不満を示し、移籍志願をしたことで大きな話題を呼んだ。その時にはスペインのレアル・マドリードとバルセロナ、そしてイングランドのチェルシーやマンチェスター・シティへの移籍が取り沙汰された。
       ルーニーはユナイテッドのポッドキャスト番組「UTD Podcast」で当時のことを回想し、移籍の可能性があったことを認めている。
      「チェルシーと(ジョゼ・)モウリーニョが僕と契約したがっていたというのはよく記事になっていたと思う。レアル・マドリードやバルセロナ、それからマンチェスター・シティの話が持ち上がっていた。シティに行くという選択肢はなかったけど、他の3つはより現実的な選択肢だった。
       当時、2日間ほど考えて、頭の中ではスペインへ行ってプレーする準備ができていた。理想としてはバルセロナへ行きたかったが、バルセロナよりはレアル・マドリードのほうが可能性はあった。チェルシーも常に選択肢だった」
       その後、デイビッド・ギルCEOとの交渉の末にユナイテッドと新契約を結ぶことになるのだが、当時ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いていたバルセロナには大きな魅力を感じていたようだ。
      「当時の僕はレアル・マドリードとバルセロナのようなクラブのことを考えていたと思う。正直に言うと、自分とクラブ、あるいは代理人とチームがコミュニケーションをとったのは2、3日だけだった。
       僕は一日中考えていたんだ。『バルセロナでプレーすることを想像してみろ。メッシやシャビ、イニエスタ、ブスケツがいる』とね。あの時のメッシは今のような9番ではなく、アウトサイドでプレーしていた」
       ルーニーは「自分が完璧にプレーできると考えていた」とバルセロナのスタイルに適応する自信があったとも話している。実現には至らなかったが、イングランドのレジェンドは当時のスペインで無類の強さを誇ったペップ・バルサでのプレーに思いを馳せていたようだ。
      【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295168

      CL3季ぶりゴールのアザール、“完全復活”に向けてのヒント語る 「ピッチでもっと多くの…」

       レアル・マドリードは現地時間25日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグの第4節でイタリアのインテルと対戦し、2-0で勝利した。この試合では、前半7分にベルギー代表FWエデン・アザールがCLで3年ぶりとなるゴールをPKで決めている。完全復活が期待されるアタッカーの試合後のコメントをレアル・マドリード専門メディア「DefensaCentral」が報じている。
       2019年夏に1億ユーロ(約122億円)の移籍金でチェルシーからレアルに加入したアザールだが、昨季は負傷が続き、稼働率は50%以下。今季も体重超過でチームに合流し、負傷もあって出遅れていた。
       この日、PKで先制点を挙げて2-0の勝利に貢献したアザールは、試合後の会見でスペイン語を披露。昨季までレアルに在籍していたウェールズ代表FWギャレス・ベイルは公の場でスペイン語を使わずに批判を浴びたが、チームに溶け込む姿勢を見せている。
       この試合を勝利したレアルは、グループ2位に浮上。アザールは「チームにとって良い試合だった。勝ち点3が最も重要だったが、残り2試合でもっと勝ち点が必要だ」と、語った。そして、自身の完全復活へ向けてのヒントも口にしている。
      「得点を挙げることは、僕にとって重要なんだ。でも、それ以上に大事なのが勝利だ。試合に勝ち続けたいと思うし、それが僕の頭のなかにあることだよ。(100%になるために必要なことは)ピッチでもっと多くの時間をプレーし、試合をすることだ。それともう少しの自信だね。とにかくピッチに立って、プレーすることだ」
       昨季は起用したい時にも、アザールが負傷していて起用できなかったジネディーヌ・ジダン監督にとっても、この発言は朗報のはず。レアル加入2年目で、いよいよアザールが本領を発揮することになるだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295193

      鬼木監督が明かす川崎の強さの“秘訣” 工夫重ねた先発11人「ベストというのはまだ全然ない」

       首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利を収め、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。圧倒的な強さを見せたシーズンとなったが、鬼木達監督は先発11人について「ベストというのはまだない」と明かした。
       2位G大阪との直接対決で引き分け以上なら優勝が決まる一戦。90分間、川崎が攻守に置いて圧倒した。前半22分、G大阪のカウンターを阻止してからの展開で、左サイドバックのDF登里享平がグラウンダーのクロスを入れると、飛び出したFWレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて先制。さらに、前半終了間際に魅せたのがMF家長昭博だった。CKからL・ダミアンが頭でつないだボールを家長が左足で押し込んで追加点を奪った。
       後半開始からも川崎は攻撃の手を緩めない。同4分、三笘のパスに再び家長が合わせてゴール。同28分には家長がハットトリック達成となるチーム4点目を叩き込んだ。後半45分には、途中出場のMF齋藤学が決めて5-0とし、直接対決で文句なしの強さを見せた。
       4節残して史上最速V、さらにこの日で勝ち点3を積んで同75とし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズ(勝ち点74)を抜いて、最多記録を更新。24勝で最多勝利となる記録ずくめの優勝となった。
       圧倒的なシーズンとなった今季。負傷者や過密日程によるコンディション調整などでスタメン11人を固定することなく、毎節のようにメンバーを入れ替えながら臨んだ。川崎の強さの秘訣はここにあった。指揮官は日々の練習からベンチワークの工夫を想像し、ベストメンバーを選択していた。
      「コンディションのところを頭に入れながらやっている。あとは自分たちのチームのストロングをどの選手同士で組み合わせればいいのか。その試合に対して、時間帯も含めてスタートからガンガンいけるのか、後半でパワーを使うのか。自分が選手を毎日見ているので、信じながらやっている。1試合に対してはどこでいつパワーを使うのか意識してやっている」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295032

      鬼木監督が明かす川崎の強さの“秘訣” 工夫重ねた先発11人「ベストというのはまだ全然ない」

       首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利を収め、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。圧倒的な強さを見せたシーズンとなったが、鬼木達監督は先発11人について「ベストというのはまだない」と明かした。
       2位G大阪との直接対決で引き分け以上なら優勝が決まる一戦。90分間、川崎が攻守に置いて圧倒した。前半22分、G大阪のカウンターを阻止してからの展開で、左サイドバックのDF登里享平がグラウンダーのクロスを入れると、飛び出したFWレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて先制。さらに、前半終了間際に魅せたのがMF家長昭博だった。CKからL・ダミアンが頭でつないだボールを家長が左足で押し込んで追加点を奪った。
       後半開始からも川崎は攻撃の手を緩めない。同4分、三笘のパスに再び家長が合わせてゴール。同28分には家長がハットトリック達成となるチーム4点目を叩き込んだ。後半45分には、途中出場のMF齋藤学が決めて5-0とし、直接対決で文句なしの強さを見せた。
       4節残して史上最速V、さらにこの日で勝ち点3を積んで同75とし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズ(勝ち点74)を抜いて、最多記録を更新。24勝で最多勝利となる記録ずくめの優勝となった。
       圧倒的なシーズンとなった今季。負傷者や過密日程によるコンディション調整などでスタメン11人を固定することなく、毎節のようにメンバーを入れ替えながら臨んだ。川崎の強さの秘訣はここにあった。指揮官は日々の練習からベンチワークの工夫を想像し、ベストメンバーを選択していた。
      「コンディションのところを頭に入れながらやっている。あとは自分たちのチームのストロングをどの選手同士で組み合わせればいいのか。その試合に対して、時間帯も含めてスタートからガンガンいけるのか、後半でパワーを使うのか。自分が選手を毎日見ているので、信じながらやっている。1試合に対してはどこでいつパワーを使うのか意識してやっている」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295032

      モウリーニョ、シティ撃破の立役者に“生ハム1足”プレゼント 「私は約束を守る男」

       プレミアリーグ・トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が自身の公式インスタグラムを更新。新加入のスペイン代表DFセルヒオ・レギロンにイベリコ豚の生ハム1足分をプレゼントする様子を公開し、多くの反響を集めている。
       トッテナムは現地時間21日、プレミアリーグ第9節マンチェスター・シティ戦で2-0の完勝を収め、リバプールと勝ち点で並ぶ首位に立っている。シティ戦では左サイドバックとして先発フル出場したレギロンが、アルジェリア代表FWリヤド・マフレズを完封。勝利に大きく貢献した。
       どうやら、この活躍によってレギロンは“プレゼント”を手に入れたようだ。モウリーニョ監督は自身の公式インスタグラムで「約束は約束だ。500ポンド(約7万円)かかったけど、私は約束を守る男だからね」と綴り、レギロンにイベリコ豚の生ハムを贈る写真を公開している。
       英メディア「スポーツ・バイブル」公式インスタグラムはこの写真を引用しつつ、今回の顛末に言及。「ジョゼ・モウリーニョは、シティ戦でマフレズを止めたらイベリコ豚のハムを贈るとレギロンに約束した。そして23歳のDFは4回の1対1を制してマフレズをストップし、500ポンドのハムを手に入れている」と伝えた。
       モウリーニョ監督の投稿には「最高に美味しそう」「まさにスペシャル・ワン」「スペシャル・プロミスだ」「言葉に責任を持つ男」と様々な反響が寄せられ、レギロン自身も泣き笑いの絵文字で反応。他にもコメント欄では「一番好きなインスタグラムアカウント」という声も多く、モウリーニョ監督の投稿はサッカーファンの間で注目のトピックとなっているようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295028
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ