サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      福西崇史が語るサッカーの“音と声”。的確に声掛けしてくれた選手は誰?

      <Jリーグは6月27日にJ2再開&J3開幕、7月4日にJ1が再開した。8日のJ1第3節までの期間はリモートマッチとして観客を入れない試合開催となった中で、話題となったのは「選手たちの声」だった。普段は聞こえない音を聞いて新鮮に感じた人は多かったと思うが、解説者の福西崇史氏に「サッカーにおける音、声」について聞いてみた。>
       J1再開節、自分は川崎フロンターレvs.鹿島アントラーズの解説を担当しました。
       テレビでリモート観戦した皆さんに、サッカーの試合中にはこんなにも「声」が飛び交っているんだと分かってもらえたのでは、と思います。専用球技場だとピッチやベンチとの距離がより近いので、さらに様々な音が聞こえるでしょうね。会場の音だけを拾った副音声を確認しましたが「これはすごい! サッカーの迫力が伝わっていいよね」と自分も思ったほどです。
      接触の音、キックの音、クロスバーの音。 googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/844260

      なでしこ10番籾木結花、米移籍の意味。ラピノーとの共演と日本への還元。

       現在のなでしこジャパンでエースナンバー10をまとうのは誰? 籾木結花だ。
       えっと、どんな選手? 高い技術と聡明な頭脳を備えた左利きの小柄なアタッカー(153センチ・49キロ)と表現できる。落ち着いたプレーの裏には、マインドフルネス(坐禅)の効果もあるという。
       では、どんな女性なの? ニューヨーク生まれ、東京育ちの24歳だが、都会で人擦れしたようなところはない。小動物を思わせる可愛らしい両目を持ち、口ぶりは落ち着いているけれど、時折、内に秘めた静かな熱を垣間見せる。そして小さな体に、壮大な夢、いや目標を携えている。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/844125

      丸山桂里奈が決めた伝説のゴールと、数日後の「なんで私だけ……」。

      「ドイツ戦後に予約してた宿、全部キャンセルしときますか?」
       決勝戦の日までシェアする宿の部屋の手配をしてくれた懇意のライターが、私にこう問いかけた。その問いに対して、プレスルームの天井を見上げることしかできなかったのには訳があった。
       2007年に監督に就任した佐々木則夫の元で着実に力をつけていた、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は、2008年の北京五輪で初のベスト4。そして、この2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ大会では、組織的なパスサッカーが完成形に近づき、今度こそメダルが取れるのではないかと感じていた。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/843945

      苦しみぬいた大迫勇也の今季総括。内なる激情が極限まで達した瞬間。

       ドイツ・ブンデスリーガは6月27日に無事最終節を終え、バイエルン・ミュンヘンが前人未到の8連覇を達成して幕を閉じました。一方で、17位のフォルトゥナ・デュッセルドルフと18位のパーダーボルンが2部へ自動降格しました。
       そして、最終1.FCケルン戦で大勝した大迫勇也所属のベルダー・ブレーメンは土壇場でデュッセルドルフを抜いて16位にランクアップし、2部3位のハイデンハイムとホーム&アウェーのレリゲーションマッチ(1部・2部入れ替え戦)に挑むこととなりました。
       その結果は、7月2日のホームでの第1戦をスコアレスドローでしのいだブレーメンが7月6日のアウェー第2戦で貴重なゴールをゲットした末に2-2で終え、辛くも1部残留を決めました。
      期待された新エース、大迫勇也。 googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/844229

      大詰めスクデット争い。ラツィオ&アタランタの意地vs.サッリの“タマ”。

      「ワシね、キ●タマがゴロゴロしているんよ」
       ユベントスを率いるサッリ親分がこう言うときは、“イライラ、ピリピリしている”という意味だ。
       少々品のない俗語表現だが、“ワシらは最後まで気を緩めんぞ”と内外に訴える強烈なメッセージにもなっている。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/844243
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ