サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      長友佑都、大活躍の南野らを称賛。「これ日本代表面白くなるんじゃないですか」

      日本代表の長友佑都【写真:Getty Images】
      【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦し、4-3で勝利を収めた。
       この日、森保ジャパンとして初出場を果たした長友佑都は中島翔哉と左サイドで縦の関係を築いた。3月の欧州遠征以来となる背番号10とのコンビ。その中で意識したことは「どれだけ気持ちよくプレーさせるか、負担なくプレーさせるか」と背番号5は話す。
       その結果、中島は堂々としたプレーで攻撃陣を活性化させた。長友は「彼がね、それで楽しんでくれたなら、僕の任務も少しは達成できたのかなと思いますけど」と自身のプレーを振り返っている。
       また、ロシアワールドカップ(W杯)でも主力として活躍した長友は、前線の3人(中島、南野拓実、堂安律)について以下のようにコメントしている。
      「たぶん僕、(今回)選ばれてなくても、試合に見に来たいなってくらい、そのくらいのいいイキイキしたサッカーしてた。いや、うまいし速いし、これ日本代表面白くなるんじゃないですか。ちょっとW杯終わってね、やっぱりすぐサッカー熱というか、1つのお祭りみたいな形ですぐ冷めてしまうんですよね。本当にW杯1年前くらいのような僕はイメージがあってね、もう、日本代表またここから盛り上げていかなければいけないってなった時に、あの若い選手たちがこれだけ勢いを持ってると、今後また日本代表サッカーの熱っていうのがね、人気ってのがまた続いていくのかなと。
       そういうところも含めて嬉しいですね。一サッカー選手としての立場だけじゃなくて、監督の立場だったりね、サッカー協会の会長さんの立場だったり、言ってみればファンの立場だったり。そういう目線から僕も今後日本代表を見ていきたいなと思ってね。その客観的な部分でまた見れれば、プレーも変わってくるだろうし、後輩たちとの接し方も変わってくるだろうし、ちょっとまた客観的に日本代表を選手ですけどね、見ていく力が自分自身、ほしいなと思います」
       日本代表の中ではベテランの域に達してきた長友。長年、日の丸を背負って戦ってきた同選手は、今回のウルグアイ戦をある試合と照らし合わせている。その試合こそ、アルベルト・ザッケローニ体制時代の対アルゼンチン戦である。
      「ザッケローニさんの時の最初の1、2年のような勢いがね、この日本代表にはあるんじゃないかなって思う。アルゼンチン戦もそうでしたけど、本当にあの時と同じような、もっと言えば、もっといい試合ができたんじゃないかなって思う」
       ウルグアイ戦の勝利により、森保ジャパンは3戦全勝とした。長友らロシアW杯組、そして南野らの新たな戦力との「融合」は、着実に進んでいる。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/17/post293415/

      長友佑都、大活躍の南野らを称賛。「これ日本代表面白くなるんじゃないですか」

      日本代表の長友佑都【写真:Getty Images】
      【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦し、4-3で勝利を収めた。
       この日、森保ジャパンとして初出場を果たした長友佑都は中島翔哉と左サイドで縦の関係を築いた。3月の欧州遠征以来となる背番号10とのコンビ。その中で意識したことは「どれだけ気持ちよくプレーさせるか、負担なくプレーさせるか」と背番号5は話す。
       その結果、中島は堂々としたプレーで攻撃陣を活性化させた。長友は「彼がね、それで楽しんでくれたなら、僕の任務も少しは達成できたのかなと思いますけど」と自身のプレーを振り返っている。
       また、ロシアワールドカップ(W杯)でも主力として活躍した長友は、前線の3人(中島、南野拓実、堂安律)について以下のようにコメントしている。
      「たぶん僕、(今回)選ばれてなくても、試合に見に来たいなってくらい、そのくらいのいいイキイキしたサッカーしてた。いや、うまいし速いし、これ日本代表面白くなるんじゃないですか。ちょっとW杯終わってね、やっぱりすぐサッカー熱というか、1つのお祭りみたいな形ですぐ冷めてしまうんですよね。本当にW杯1年前くらいのような僕はイメージがあってね、もう、日本代表またここから盛り上げていかなければいけないってなった時に、あの若い選手たちがこれだけ勢いを持ってると、今後また日本代表サッカーの熱っていうのがね、人気ってのがまた続いていくのかなと。
       そういうところも含めて嬉しいですね。一サッカー選手としての立場だけじゃなくて、監督の立場だったりね、サッカー協会の会長さんの立場だったり、言ってみればファンの立場だったり。そういう目線から僕も今後日本代表を見ていきたいなと思ってね。その客観的な部分でまた見れれば、プレーも変わってくるだろうし、後輩たちとの接し方も変わってくるだろうし、ちょっとまた客観的に日本代表を選手ですけどね、見ていく力が自分自身、ほしいなと思います」
       日本代表の中ではベテランの域に達してきた長友。長年、日の丸を背負って戦ってきた同選手は、今回のウルグアイ戦をある試合と照らし合わせている。その試合こそ、アルベルト・ザッケローニ体制時代の対アルゼンチン戦である。
      「ザッケローニさんの時の最初の1、2年のような勢いがね、この日本代表にはあるんじゃないかなって思う。アルゼンチン戦もそうでしたけど、本当にあの時と同じような、もっと言えば、もっといい試合ができたんじゃないかなって思う」
       ウルグアイ戦の勝利により、森保ジャパンは3戦全勝とした。長友らロシアW杯組、そして南野らの新たな戦力との「融合」は、着実に進んでいる。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/17/post293415/

      代表初ゴールの堂安律、酒井に感謝「俺の形のところに出してくれた」

      堂安律【写真:Getty Images】
      【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は16日、キリンチャレンジカップでウルグアイ代表と対戦し4-3で勝利した。
       東京五輪世代のエースが、A代表で初ゴールを記録した。60分、酒井宏樹のリターンを受けた堂安律は得意の左足でネットを揺らした。
      「宏樹くんが俺の形のところに出してくれたので。あそこは左利きの選手なら決めなくてはいけないコースなので、ファーストタッチが素晴らしいところに来ました」
       この日はフリーランなどボールを持たない時の動きでも質の高さを見せた。「チームとして勝つことと今日はハードワークのところでも貢献できたと思っている。そういうところはまずやらなくちゃいけないと思っていたので、得点に集中しすぎることなく90分通して安定したプレーができたかなって思います」と、自身のパフォーマンスを振り返った。
       コンビを組んだ酒井との右サイドの連係も悪くなかった。堂安は「宏樹くんが合わせてくれている」と先輩への感謝を口にする。そして、「もう少し僕がうまく使ってあげて、オーバーラップしたときに使ってあげればよかったですけど、ほとんどカットインすることが多くて、そこは次の課題かなって思います」と、改善点に触れることも忘れなかった。
      「これから先、一生思い出に残るゴールになったと思います」と代表初得点を喜んだ堂安。今後もネットを揺らし続けることができるだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/17/post293419/

      堂安、初ゴ~ル!20歳東京五輪の星がA代表で輝いた

       キリンチャレンジ杯(16日、日本4-3ウルグアイ、埼玉)日本が今夏のW杯ロシア大会8強のウルグアイに4-3で勝利。2-2の後半14分には20歳のMF堂安律(フローニンゲン)が代表初ゴールを挙げ、将来のエース候補として能力の高さを証明した。現エースのFW大迫勇也(28)=ブレーメン=は1-1の前半36分にW杯1次リーグ初戦・コロンビア戦以来のゴールを決めた。2度追いつかれる展開だったが、新旧のアタッカーが強敵を退けた。
       2020年東京五輪世代のエースが輝いた。20歳のMF堂安が待望の国際Aマッチ初得点。世界トップクラスの守備陣を切り裂いた。
       「これからの日本を強くしていけるかは僕たち次第。世代交代の話もある中で、自分たちが、というのを示せた」
       右MFで先発し、2-2の後半14分だ。敵陣で自らパスカットすると、DF酒井宏に預けてペナルティーエリア内に走った。「宏樹くんがいいボールをくれたので、あとは自分の形で流し込むだけだった」。ゴール前で折り返しを受け、今夏のW杯8強のウルグアイの門番、DFディエゴ・ゴディン(32)=アトレチコ・マドリード=を1トラップで置き去りにし、左足を強振。狭いスペースでボールを受ける技術に、ふてぶてしいまでの落ち着き。持ち味が凝縮された一発だった。
      【続きを読む】


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20181017/jpn18101705020006-n1.html

      南野が3戦連発!森保J、4発でW杯2度Vのウルグアイ撃破

       キリンチャレンジ杯(16日、日本4-3ウルグアイ、埼玉)ジャイアントキリングだ!! 国際連盟(FIFA)ランキング54位の日本が、同5位で今夏のW杯ロシア大会8強入りのウルグアイを4-3で破った。トップ下のMF南野拓実(23)=ザルツブルク=が前半10分に3戦連続ゴールを決めて先制すると、さらに3-2の後半21分に駄目押し弾。新司令塔の活躍で、FIFAランク1桁順位国から史上4度目の“金星”を挙げた。
       5万7239人の大観衆が、“新スター誕生”の証人だ。MF南野が世界の強豪をびびらせ、打ち砕いた。3戦連発となる先制ゴールに加え、駄目押し弾。スマートなイケメンは長めの髪を振り乱し、大歓声を一身に浴びた。
       「チームの勝利に貢献できて、素直にうれしいです。きょう2ゴールできたことは自分にとって自信になる。アジア杯までのサバイバルの中で、監督にアピールできたのはよかった」
       相手は今夏のW杯ロシア大会8強で、FIFAランキング5位のウルグアイ。1930年、50年とW杯を2度制した南米の古豪だ。移動疲れで1-2で敗れた12日に韓国戦に続き、アジア勢相手に連敗は許されない。W杯メンバー9人を先発に送り、力づくで勝利をもぎ取りにきた。
       そこへ、強烈なカウンターパンチを見舞う。前半10分、南野がペナルティーエリア内に進入すると、MF中島からパスが届いた。DFディエゴ・ゴディン(32)=アトレチコ・マドリード=を得意のターンでかわし、右に流れて右足を一閃。ゴール左に豪快に突き刺した。
       「(気持ちは)いつも通りでした。相手が強いのはわかっていたけど、だからって気負うことはないし」
       W杯では3戦無失点で1次リーグ通過を果たした強敵の壁を、いとも簡単に打ち破った。次は3-2とリードした後半21分だ。MF堂安の強烈なミドルシュートをGKが弾くと、こぼれ球を右足ジャンピングボレー。勝利を決定づけた。
      【続きを読む】


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20181017/jpn18101705030005-n1.html
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ