サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      CL4強入りのトッテナムMF、過密日程に不満「僕たちを助けてくれたらいいのに」

      ダニー・ローズ【写真:Getty Images】
       トッテナムに所属する28歳のイングランド代表DFダニー・ローズが、プレミアリーグの過密日程に不満を示した。25日に英メディア『BBC』が報じている。
       チャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初の準決勝進出を果たしたトッテナム。現地時間30日に準決勝1stレグの試合がホームで行われるが、その二日前にはプレミアリーグ第36節のウェスト・ハム戦がある。CL優勝を目指す上で、過密日程を乗り越えなければならない。
       一方で、CL準決勝を果たしたアヤックスに対するオランダサッカー協会の対応は違った。現地時間4月28日に行われる予定だったエールディビジの全試合を5月15日に延期する異例の発表を行ったのである。過密日程を避ける形となり、アヤックスにとって有利なスケジュールが組まれることになった。その理由についてオランダサッカー協会のエリク・フッテ氏は「オランダサッカー全体を助けるものだ」とコメントしている。
       この一報を知ったローズは「オランダがしたことについて聞いた時、僕は信じられなかったよ。イングランドも同じような対応をとって、僕たちを助けてくれたらいいのに」と、オランダとイングランドを比較した上で「結局のところ、トッテナム対アヤックスという話ではない。イングランドサッカー全体の話なんだ」と語っている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/04/26/post319112/

      マンUらプレミア3クラブがベルギー代表DFに興味。PSGは移籍金37億円を要求か

      トーマス・ムニエ【写真:Getty Images】
       パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する27歳のベルギー代表DFトーマス・ムニエに対し、マンチェスター・ユナイテッドを含めたプレミアリーグの複数のクラブが同選手の獲得を目指しているようだ。25日に英紙『デイリー・メール』が報じている。
       同紙によると、ユナイテッドとアーセナル、チェルシーの3クラブがムニエの獲得を狙っているという。PSG側は移籍金2600万ポンド(約37億4000万円)を要求しているとのこと。
       今季公式戦29試合に出場し5得点7アシストを記録しているムニエ。PSGとの契約は2020年6月までだが、ムニエはプレミアリーグ移籍に興味を示しており、PSGとの契約延長を望んでいないとされる。
       そのため、PSGが移籍金を獲得するためには今夏か来年冬に売却しなければならない。2600万ポンドのオファーを提示するクラブが現れればスムーズに交渉が進む可能性もあるだろう。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/04/26/post319123/

      マンUらプレミア3クラブがベルギー代表DFに興味。PSGは移籍金37億円を要求か

      トーマス・ムニエ【写真:Getty Images】
       パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する27歳のベルギー代表DFトーマス・ムニエに対し、マンチェスター・ユナイテッドを含めたプレミアリーグの複数のクラブが同選手の獲得を目指しているようだ。25日に英紙『デイリー・メール』が報じている。
       同紙によると、ユナイテッドとアーセナル、チェルシーの3クラブがムニエの獲得を狙っているという。PSG側は移籍金2600万ポンド(約37億4000万円)を要求しているとのこと。
       今季公式戦29試合に出場し5得点7アシストを記録しているムニエ。PSGとの契約は2020年6月までだが、ムニエはプレミアリーグ移籍に興味を示しており、PSGとの契約延長を望んでいないとされる。
       そのため、PSGが移籍金を獲得するためには今夏か来年冬に売却しなければならない。2600万ポンドのオファーを提示するクラブが現れればスムーズに交渉が進む可能性もあるだろう。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/04/26/post319123/

      ソン・フンミンを“クラブレジェンド”が大絶賛「最も安定して活躍している選手」

      ソン・フンミン【写真:Getty Images】
       現役時代にトッテナムで活躍したクライブ・アレン氏が、シーズン通して最も安定して活躍している選手として、トッテナムに所属する26歳の韓国代表FWソン・フンミンの名前を挙げた。25日に英紙『フットボール・ロンドン』が報じている。
       ロシアワールドカップで戦った後、2018/19シーズンの開幕直後にソン・フンミンはインドネシアで開催されたアジア大会に参加し韓国代表の一員として優勝に貢献。それに伴い兵役免除となったため、トッテナムでの活動にも支障がなくなった。その後も1月のアジアカップに参加するなど過密日程をこなしているが、怪我で離脱することなく公式戦44試合出場で20得点10アシストという結果を残している。
       ただ、PFA年間最優秀選手の最終候補6人にも残らず、チーム・オブ・ジ・イヤーのベストイレブンにも選出されなかった。アレン氏は「過去2年間、彼はトッテナムの中で最も安定して活躍している選手」とし、「確かに、得点数ではハリー・ケインは誰にも負けない。それでもソン・フンミンは本当に素晴らしい。ハリーがいない時にソン・フンミンは成長し、ハリーがいる時は一緒に活躍している。私としては、ソン・フンミンがPFA年間最優秀選手の最終候補に選ばれるべきだったと思う」と語り、ソン・フンミンを大絶賛している。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/04/26/post319134/

      なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。受け継がれるキャプテンマークの重み。

       4月11日、フランスの南東部の都市、リヨン。
       なでしこジャパンの欧州遠征を終えた熊谷紗希は、所属クラブのオリンピック・リヨンでの練習に参加していた。常勝軍団のこのクラブでは、ほとんどがそれぞれの国の代表選手ということもあり、代表ウィーク明けに、「おかえり!」「どうだった?」といった挨拶が交わされるのはいつものこと。フランス語、ドイツ語、英語が飛び交うクラブハウスで、熊谷もチームメイトと談笑していた。
       練習後に、前日まで行われていた代表遠征について、話を聞いてみた。
       フランスに3-1の完敗、ドイツとは2-2の引き分けに終わった現状に、「正直に言うと、現時点での差を感じてしまいました。この結果通りだと思います。ヨーロッパのチームがレベルアップしてきている中、世界で戦うためには、そのスピードや、パワー、勢いに勝てなくてはいけません。あと2カ月弱で筋トレして、個々が劇的にスピードアップしたりするかというと、そんなことはあり得ませんが、個人レベルでも、チームとしても、W杯までにやらなくてはいけないことはたくさんあります」と、危機感を募らせる。
       そんな中でも、世界の強豪国との戦いは、対戦してみないとわからないことは多い。
       イメージするだけとは大きな差があるからこそ、経験の浅い選手が多い今のなでしこジャパンにおいて、それぞれが身をもって世界のトップレベルを体感できたことについては、「ポジティブな遠征だった」と振り返る。
      強豪リヨンに来て6年目。 2011年にW杯で優勝した後、熊谷は浦和レッズレディースから、ドイツ女子リーグのフランクフルトに移籍。2シーズンを戦ったのち、フランス女子リーグの強豪、リヨンに移籍し、まもなく6シーズン目を終えようとしている。
       リヨンでは、リーグはすべて優勝(5回)、カップ戦4回、そしてヨーロッパ女子チャンピオンズリーグでは3回優勝を手中にしてきた。今シーズンも、リーグ戦、チャンピオンズリーグ、ともにタイトルを手にしようとしている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/839103
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ