サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      トットナムMF、鮮やかな“電光石火弾”の冷めやらぬ興奮に海外紙脚光 「19秒の狂気」

       トットナムは現地時間17日のプレミアリーグ第2節で、2連覇中のマンチェスター・シティ相手に2-2で引き分けた。ブラジル代表MFルーカス・モウラは後半に途中出場し、ピッチに入ってわずか19秒で同点ゴールを奪取。海外紙は「19秒の狂気」と題し、いまだにその熱狂が続いていることを伝えている。
       開幕節のアストン・ビラ戦に3-1で勝利したトットナムは、17日にプレミア王者のシティと敵地で対戦。先制されて迎えた前半23分にアルゼンチン代表MFエリック・ラメラが同点ゴールを決めるも、同35分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに勝ち越しゴールを決められ、1点ビハインドで前半を折り返した。
       そして後半11分、トットナムに歓喜の瞬間が訪れる。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、イングランド代表MFハリー・ウィンクスに代えてモウラを投入。モウラは直後のコーナーキックで、ラメラのインスイングのボールに対し、シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーとの競り合いに勝ち、打点の高いヘッドで鮮やかにネットを揺らした。
       ピッチに入ってからわずか19秒での劇的ゴールを、ポルトガル紙「レコルド」は「19秒の狂気」と評し、「2日が経過したが、トットナムはモウラのトットナム戦での素晴らしいプレーを際立たせ続けている」と依然としてその余韻が残っていることを伝えている。
       今季リーグ戦初ゴールを挙げたモウラは、今季もトットナムで重要な役割を担いそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/211821

      トットナムMF、鮮やかな“電光石火弾”の冷めやらぬ興奮に海外紙脚光 「19秒の狂気」

       トットナムは現地時間17日のプレミアリーグ第2節で、2連覇中のマンチェスター・シティ相手に2-2で引き分けた。ブラジル代表MFルーカス・モウラは後半に途中出場し、ピッチに入ってわずか19秒で同点ゴールを奪取。海外紙は「19秒の狂気」と題し、いまだにその熱狂が続いていることを伝えている。
       開幕節のアストン・ビラ戦に3-1で勝利したトットナムは、17日にプレミア王者のシティと敵地で対戦。先制されて迎えた前半23分にアルゼンチン代表MFエリック・ラメラが同点ゴールを決めるも、同35分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに勝ち越しゴールを決められ、1点ビハインドで前半を折り返した。
       そして後半11分、トットナムに歓喜の瞬間が訪れる。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、イングランド代表MFハリー・ウィンクスに代えてモウラを投入。モウラは直後のコーナーキックで、ラメラのインスイングのボールに対し、シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーとの競り合いに勝ち、打点の高いヘッドで鮮やかにネットを揺らした。
       ピッチに入ってからわずか19秒での劇的ゴールを、ポルトガル紙「レコルド」は「19秒の狂気」と評し、「2日が経過したが、トットナムはモウラのトットナム戦での素晴らしいプレーを際立たせ続けている」と依然としてその余韻が残っていることを伝えている。
       今季リーグ戦初ゴールを挙げたモウラは、今季もトットナムで重要な役割を担いそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/211821

      PSGチアゴ・シウバ、去就騒動に揺れる同胞ネイマールに言及 「残留する気がする」

       パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFチアゴ・シウバが、移籍問題に揺れるチームメイトのブラジル代表FWネイマールに言及。去就に関して明言できることはないとしながらも、個人的見解として「残留する気がする」と語っている。UAE紙「Sport360°」が伝えた。
       2017年にバルセロナから2億2200万ユーロ(約262億円)でPSGへ渡ったネイマールだが、今夏に再び移籍騒動が過熱。古巣バルセロナへの復帰、その宿敵レアルへの電撃移籍、サポーターの反感を買いながらもPSGへ残留という3つの選択肢のなかで揺れ動いている。
       シウバはネイマールを「特別な選手。片足だけでも、(リオネル・)メッシやクリスティアーノ(・ロナウド)のような素晴らしいことができる」と称賛し、こう続けている。
      「もちろん、我々は彼が恋しい。彼は今もPSGの選手であり、僕は彼に残ってほしいと思っている。なぜなら、素晴らしい人間だし、チームにとって欠かせない存在だから。しかし何が起きるのか、移籍市場が終了するまで待たなければならない」
       ネイマールは残るのか、と聞かれたシウバは、「その質問には僕は答えられない。本人に聞くべきだ」としつつ、「キャプテンとしては、ネイマールはこのチームの主力選手だと思っている。彼がチームに残ることについてハッピーに思っているかどうかは、待ってみないと分からないし、現時点で彼が残るか、去るかは分からない。ただ僕個人の見解では、彼は残る気がする」と話している。
       今夏の移籍市場も残り約2週間。果たして、ネイマールを巡る移籍騒動はどのような決着を見るのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/211751

      ミラン、今夏レアルに加入したセルビア代表FWに興味。レンタルでの獲得を打診か

      レアル・マドリーのルカ・ヨビッチ【写真:Getty Images】
       イタリアの名門クラブがレアル・マドリーに所属するセルビア代表FWルカ・ヨビッチをレンタルで獲得する事を望んでいるようだ。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。
       同紙によるとミランはヨビッチをレンタルでチームに迎え入れようと試みていると伝えている。また同じくマドリー所属のFWマリアーノ・ディアスにも興味を持っているようだ。
       なお、ヨビッチはセルビアメディア『ノヴォスティ』で「笑ってしまうようなうわさ」とマドリー退団を完全否定している。
       今季からマドリーに加わったヨビッチだが、プレシーズンからインパクトを残すことが出来ずジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れたとも伝えられている。またインテルやローマ、古巣のフランクフルトなどへの移籍の可能性も報じられてきた。
       そんなヨビッチだが「監督は私のことを考えてくれている。今後も一緒に仕事をしていきたいという気持ちは変わっていない」と改めてマドリーでプレーする意思がある事を強調した。
       イタリアにおける今夏の移籍市場閉幕は9月2日となっている。果たして残りの期間で大きな動きは起こるのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/08/21/post335140/

      チェルシーDF、ローマ移籍が決定的に! 現地時間21日にメディカルチェック

      ダビデ・ザッパコスタ【写真:Getty Images】
       チェルシーに所属する27歳のイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタが、ローマへ移籍する見通しになった。20日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。
       同紙によると、1年間の期限付き移籍に向けて現地時間21日にローマでメディカルチェックを受ける予定だという。2017年8月にトリノからチェルシーに移籍したザッパコスタ。昨季は公式戦17試合に出場し、ヨーロッパリーグ制覇に貢献していた。
       だが、新指揮官のフランク・ランパード監督のもとでは出場機会に恵まれないため、プレーする機会を求めてローマへ移籍することになりそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/08/21/post335134/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ