サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      遠藤航に独サポーターが今なお抱く愛情 主将への懐疑論も…評価を劇的に変えた“伝説”の一戦【現地発コラム】

       ドイツからイングランドへ。当時30歳の年齢でステップアップした日本代表の頼れるキャプテン遠藤航。「FOOTBALL ZONE」では、「遠藤航の解体新書」と称した特集を展開。名門リバプールで活躍する日本人への愛は、ドイツを去った後も現地ファンに深く刻み込まれている。(文=島崎英純)
        ◇   ◇   ◇
       2023年8月19日、2023-2024シーズンのドイツ・ブンデスリーガ開幕戦。ホーム・MHPアレーナでのボーフム戦を前に、シュツットガルトサポーターが手書きの横断幕を掲示した。そこにはドイツ語でこう記されていた。
      「4 JAHRE KANMPF UND EINSATZ FUR UNSERE FARBEN! DOMO ARIGATO WATARU! (4年間、僕らのために全力を尽くして戦ってくれて、ドモ、アリガト、ワタル!)」
       遠藤はこの試合の前日にリバプール(イングランド)への完全移籍が決まり、すでにチームを離れ、同日に行われたプレミアリーグ第2節のボーンマス戦で途中出場を果たしていた。本来ならば、シーズン開幕直前に移籍を決断する選手にはサポーターから辛辣な言葉を浴びせられるのが常だ。しかしシュツットガルトサポーターは、わずかな在籍期間にもかかわらずクラブとファンに数々の思い出と成果を残してくれた彼を快く送り出した。チームを率いるセバスティアン・ヘーネス監督も、遠藤の意思を尊重し試合前にこんなコメントを残している。
      「彼は今、30歳という年齢ながらプレミアリーグのリバプールに加入するチャンスを手にした。これは彼の夢だったんだ」
       一選手の夢に最大限の敬意を払ったシュツットガルトサポーターは万感と断腸の思いを抱きながら、頼もしきキャプテンの前途を祝したのだった。
       2019年8月にシント=トロイデン(ベルギー)からシュツットガルトへレンタル移籍した当時の遠藤は無名の存在だった。双方のクラブ主導で交渉が進み移籍が実現した経緯もあって、現場からはなかなか信頼を得られず。加入後は公式戦9試合連続不出場(そのうち3試合でベンチ外)が続いた。
       当時、遠藤と会った筆者はしかし、達観した佇まいで冷静に現状を見据えていた彼の姿を覚えている。
      「まあ、焦っても仕方がないから。今は練習で自分の力を証明していくだけ。もし駄目なら、またベルギーで頑張ればいい。結局は自分の力を求めてくれるところで戦うしかないですからね」
       その後、遠藤はブンデスリーガ2部第14節のカールスルーエ戦で先発出場を果たす。レギュラー選手の出場停止を受けて急遽チャンスを得たこの試合でマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を披露し一気に評価を高めると、出場停止による1試合の欠場以外は残りの公式戦に全試合フル出場して純然たる主力へのし上がった。
       翌シーズンに晴れてシュツットガルトへ完全移籍した遠藤は、チームの中軸としてフル回転し、所属3シーズン目からは正式にチームキャプテンにも就任する。
       遠藤は言動で仲間を鼓舞する「闘将」タイプではないことを自他ともに認めている。練習中は黙々とトレーニングに励み、公式戦のピッチでもそれほど感情を露わにしない。シュツットガルトでチームメイトだった原口元気は、普段の彼の態度をこう評している。
      「チームメイトに対しては何も言わない。指示もしないし、小言も言わない。励ましたりもしないし、激も飛ばさない。航は本当に、何も言わないんだよね」
       それではなぜ、彼は在籍した多くのチームでリーダー的立場に推されてきたのだろう。ちなみに、ヘーネス監督は遠藤にキャプテンマークを託した理由を簡潔にこう述べている。
      「彼が模範を示す完全なるプロ選手だからだ。常にチームのことを考え、チームに何が必要か把握している」
       遠藤は一喜一憂しない。試合に勝っても負けても態度は常に同じだ。ある日のホームゲームで敗戦した後、メインスタンドにいた少年が「エンドウ、ユニホームをちょうだい!」と叫ぶと、彼は着ていたユニホームをおもむろに脱ぎ、柔和な表情を浮かべてそれを手渡していた。
       少年は感極まった様子でそれを受け取って愛おしそうに抱きしめていたが、一方でほかのファン・サポーターの一部は敗戦後に怒りや落胆をあまり見せない遠藤の所作に物足りなさを感じていたようだ。その証拠にシュツットガルトサポーターのSNS投稿では遠藤がキャプテンとして相応しいかといった議論が頻繁に行われ、その意見は遠藤自身の耳にも届いていた。
       日本人がブンデスリーガのクラブでチームキャプテンを務めることについては、特に違和感を抱かれてはいない。遠藤の主将就任までにアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠やハンブルガーSVの酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)がキャプテンを務めた例がある。多国籍化が進んでいる現代のブンデスリーガにあって、外国籍選手がチームリーダー的立場に就くのは日常茶飯事だ。
       ただし、ドイツ人は得てしてキャプテンに感情的な振る舞いを求める。意見や考えを公の場で主張することでコミュニケートを図るという意味において、彼らドイツ人から見た遠藤は感情が読み取りにくく、寡黙すぎたのである。
       そんな遠藤への印象は、2022年5月14日を境に劇的に変わる。2021-2022シーズンのブンデスリーガ最終節(FCケルン戦)で勝利しなければ2部3位との入れ替え戦を強いられることになっていた正念場で、彼はクラブの危機を救う大仕事を成し遂げたのだ。
       現地で取材していた筆者は、試合後のミックスゾーン対応のためにMHPアレーナのピッチ脇に立ち、試合終了間際にシュツットガルトが獲得したコーナーキックを遠巻きに眺めていた。チャンスの場面で誰かが頭で競ってボールを後方へ流すと、ファーサイドにほかの味方が飛び込んだ。その瞬間に爆発するような大歓声が巻き起こり、会場は騒然とした雰囲気に包まれた。
       ゴールシーンを確認しようとスタジアムに設置された大型ビジョンに目をやると、そこには伊藤洋輝が競ったヘディングに反応した遠藤がダイビングヘッドで決勝点をマークして咆哮を上げる姿が。遠藤が熱狂するサイドスタンドのサポーターたちに向けてキャプテンマークを掲げるとボルテージはマックスに達した。寡黙だったキャプテンがその存在を誇示した瞬間。遠藤は「レゲンドウ(エンドウとドイツ語のレジェンドを合わせた造語)」としてクラブの歴史に名を刻んだのだった。
       試合後のミックスゾーンは騒然としていた。複数のテレビメディアが遠藤のフラッシュインタビューを要請し、クラブ広報はその調整に奔走していた。そんななか、ヒーローであるはずの遠藤は泰然とした態度でミックスゾーンに現れたかと思えば、流暢な英語で各種インタビューに対応していく。最後に筆者の番になると、彼は恥ずかしそうにはにかみながら目の前に立ち、こう言った。
      「いやー、もう疲れたよ。今日のヒーローインタビュー、本当に俺でいいの?(笑)」
       遠藤が大一番で決定的な仕事をやってのけられるのは、感情の揺れ動きがいい意味でないからだ。どんな局面や事態に遭遇しても、冷静に最適解を求める作業を進めている。チームを俯瞰して観察し、そのなかで自身の役割を認識して職務を果たす。一見すると冷淡に見えるその態度の裏で、彼はプロサッカー選手としての責任を愚直に全うしている。それは湘南ベルマーレでも浦和レッズでも、シント=トロイデンでもシュツットガルトでも、そしてリバプールでも変わらない。遠藤航という人物の傑出した個性でもある。
       先日、シュツットガルトの試合取材後のことだった。中央駅近くの公園内にあるビアガーデンで仕事後の一杯にありついていると、ユニホーム姿のおじさんから声を掛けられた。
      「エンドウはもう、ここにはいないよ」
      「知ってますよ」と返すと、そのおじさんは胸を張ってこう言った。
      「それにしたって、今さら何を驚いているのかねぇ。エンドウがリバプールで活躍してるって? そんなの当然じゃないか。だって彼は、VFB(シュツットガルトの愛称)のキャプテンだった選手だよ。彼が凄いヤツだってことは、100年も前に知ってたさ」
       少なくともシュツットガルトのファン・サポーターは遠藤航の真の実力を知っている。それは我々日本人にとって、とても誇らしいものだとも思う。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
      URL:https://www.football-zone.net/archives/525271

      最強の札幌サポ夫婦!? 女流プロ棋士のウエディングフォト話題「赤黒ドレスかっこいい!」

       将棋の女流プロ棋士(三段)の渡部愛さんが自身の公式SNSを更新。サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌サポーターであることを公言しているなか、プロ棋士の夫・野月浩貴氏(八段)と札幌愛あふれるウエディングフォトを撮影した様子を公開している。
       渡部さんは北海道帯広市の出身。2009年4月1日、15歳で日本女子プロ将棋協会が認定した女流棋士第一号として登録された。2024年1月に野月さんとの入籍を発表。渡部さんが現在30歳、野月氏は50歳で20の歳の差となる2人は、ともに地元に根付く札幌サポーター同士の夫婦となった。
       渡部さんは4月19日、自身の公式X(旧ツイッター)で「本日はコンサドーレフォトウエディングの撮影でした」と報告。美しいコンサドーレカラー(赤と黒)のドレスに身を包んだ渡部さんと、同じくコンサドーレカラーのシャツを着た野月氏が、札幌の専用練習場「宮の沢白い恋人サッカー場」で撮影する様子をアップした。
      「昨日は宮の沢に練習を観に行って、本日はコンサドーレフォトウエディングの撮影でした 大好きな北海道とコンサドーレに囲まれて夢の時間でした 明日もドーム参戦します笑 あいプランさま@apg_aiplan Destinaさま @destina_bridalお世話になりましてありがとうございました」
       続く投稿では、ゴールに向かって渡部さんがボールをキックする姿も。夫・野月氏も同投稿をリポストで「初日→ホテルでアウェイ沼津vs札幌戦を視聴。2日目→宮の沢(白い恋人パーク)で練習見学。3日目→宮の沢(白い恋人パーク)でフォト。(引用ツイの画像1枚目、5枚の今季ユニフォームは2人の私物)4日目→札幌ドームでvs広島戦を観戦予定。北海道コンサドーレ札幌こそが最高!!!」と札幌尽くしの予定を明かし、喜びを語っている。
       ファンからは「末永くお幸せに!」「斬新」「最強のコンサポ家庭を築いてください!」「コンサドーレカラーのドレスがとてもお似合い」「赤黒ドレスかっこいい!」「素敵」といった声が届けられ反響が広がっていた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
      URL:https://www.football-zone.net/archives/525427

      史上最強レバークーゼン、なぜ無敗優勝できたのか? “予測不能”を生む「近さ×速さ×正確性」【コラム】

       レバークーゼンのブンデスリーガ優勝が決まった。第29節でブレーメンを5-0で破り、無敗のまま優勝が決定(25勝4分の無敗優勝はドイツ史上初の快挙)。クラブ創設120年で初のリーグタイトル獲得だった。
       シャビ・アロンソ監督は選手時代に名手として知られていたが、監督としても素晴らしい手腕を発揮している。
       戦術的に目立つのはビルドアップでの距離感の近さ。近い距離感のテンポの良いパスワークで相手を釣り出し、縦パスを入れると一気にスピードアップする。いわゆる「擬似カウンター」の仕組みなのだが、特筆すべきは攻め込みの速さ、スムーズさだ。
       パスは主に人から人へ、つながっていく。得点シーンはいとも簡単にパスがつながってシュートに至っているものが多く、特別に何かしているとか、飛びぬけてスピード感があるというわけではない。
       例えば、スペースへパスが出て、FWが俊足を飛ばして追い付いて突破するような「速さ」ではないのだ。また、このような攻め込みは速いように見えて、実はそんなに速くもない。ボールがスペースへ出されてからFWが追い付くまで、状況的には何も変化がないからだ。守備側は次への予測が容易で、FWがボールに追い付くまでにそれなりの準備ができる。
       一方、レバークーゼンのように人から人へ正確なパスがつながっている攻撃は、ボールが誰のものでもないプレーの空白が短い。守備側はその都度、新たな予測と対応を迫られる。パスが渡ったその先がどうなるのかは、ある程度の予測はできるとしても、攻撃側が予想外のプレーをしてくる可能性は常にある。短い時間に人から人へボールが動くたびに、守備側は新たな予測が必要になり、対応のための時間はほとんど与えられない。結果としてずっと後手にならざるを得ない。
       つまり、レバークーゼンの攻め込みは相対的に「速い」わけだ。
       速度としての速さというより、サッカーの実体としての速さである。ツボにハマった時のレバークーゼンの攻め込みは、無駄なくダイレクトに相手ゴールへ向かっていく。「人から人へ」と書いたが、おそらくもっとピンポイントの意識でパスをつないでいるのではないか。「人」と言うより「右足」、あるいは「右足の数センチ前」というようにパスの時に意識する単位が違う気がする。その正確さが、速さの源になっている。
       走る速さではなく、プレーの速さだ。ボールを正確に扱うことが、結局のところ一番速い。フィジカル的な要素が際立つ近年のサッカーだが、やはりボールゲームなのだということをレバークーゼンは気づかせてくれる。ビルツのような逸材もいるとはいえ、1人のスーパースターに頼らなくてもスーパーなチームはできることも証明した。
       選手時代のシャビ・アロンソはピンポイントのロングパスが特徴だった。選手としての経験が生かされているのだろう。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
      URL:https://www.football-zone.net/archives/525298

      「これは楽しみ!」 中村憲剛、S級取得へ海外研修でカナダへ…パシフィックFCの臨時コーチ就任

       カナダ1部パシフィックFCは4月18日に元日本代表MF中村憲剛氏を臨時コーチに迎えることを発表した。期間は5月5日まで。同クラブは日本サッカー協会(JFA)のS級ライセンス取得に向けての海外研修プログラムで練習に加わることを明かした。
       また公式SNSを通して「偉大なるケンゴは日本時間20日昼のヴァラーFC戦にてみなさんへ英語でスピーチを行う予定です」と伝えた。
       ファンからは「ケンゴがカナダに!」「これは楽しみ!」「S級取得までいよいよね」「当然、英語で指導を行う事になるのか?」「憲剛さんの修行先はカナダのパシフィックFC」「日本のレジェンドプレイヤーが携わってくれるの嬉しすぎる」など反響が寄せられていた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
      URL:https://www.football-zone.net/archives/525138

      なぜ東京Vは勝ち切れないのか 一人歩きした「時間稼ぎをしない」の言葉…求められる試合のコントロール力【前園真聖コラム】

       J1リーグでは16年ぶりとなる東京ヴェルディvsFC東京の東京ダービーが4月13日に行われ、前半に東京Vが2点を先行するものの、後半にFC東京が反撃し、最後は後半アディショナルタイム4分のゴールで同点に追い付いた。最後の最後に勝ち点3を逃した東京Vは、第8節を終えて1勝5分2敗。特徴的なのは、その8試合のうち後半アディショナルタイムの失点が3試合、さらに後半44分の失点もある。試合終盤で勝ちを逃したり同点に追い付かれたりしている一方で、後半アディショナルタイムの得点も2試合あるなど、終了間際にドラマが生まれている。この戦いぶりを、東京VのOBである元日本代表MF前園真聖氏(1997~98、2001~02年在籍)はこう分析した。(取材・構成=森雅史)
         ◇   ◇   ◇   
       東京ヴェルディはなかなか勝てていませんが、僕はポジティブに見ています。
       ここまで東京Vが戦ったリーグ戦8試合のうち、7試合で後半41分以降にゴールが生まれています。ここにはポイントが2つあると思っています。
       1つは、このチームは若く、そしてJ1での経験値が少ないということです。その若さゆえに勝てた、あるいは引き分けられた試合を、同点にされたり敗戦したりと、8試合中4試合はもったいない試合をしてしまっています。もし元日本代表選手のような経験値の高い選手がいれば、きっと防げたことでしょう。
       一方で、東京V伝統のテクニカルな面を持っていますし、そこに城福浩監督が、若さを前面に出したアグレッシブさを加えています。これが後半41分以降に同点ゴールを奪ったのが8試合中3試合あることにつながっています。
       この2つの点を考えると、決して悲観するようなチームではないと思っています。経験値のない選手たちがJ1リーグの序盤戦を戦うなかで経験値を身につけているように思えるからです。
       東京Vに今必要とされるのは、試合をコントロールする力です。試合終盤、勝ったり引き分けになりそうだったら、ゆっくりとボールキープする、上手く相手からのファウルをもらうようにする、攻める様子を見せて相手を下がらせ受けるプレッシャーを弱くする、などが自分たちで時間を進めるプレーです。
       そして、そういうプレーができるためには選手たちの技術力が高くなければなりませんが、東京Vの選手には十分その力が備わっています。ただ、その力がまだ発揮できていないだけなのです。経験値を上げた選手たちが試合の終盤でゲームをコントロールしながらクロージングに持っていくことで、今後はもっと勝利数が増えることでしょう。
       城福監督が言っている「時間稼ぎをしない」ということと、試合をコントロールすることは矛盾しません。「時間稼ぎ」というと、最初にイメージするのはコーナーポスト付近にボールを持っていてキープし、時間を使うことかもしれませんが、そうではないのです。
       こういう試合終盤にゴールが生まれる試合ということで、古くは1993年のアメリカ・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の「ドーハの悲劇」や、2018年のロシアW杯のベスト16、ベルギー戦で試合終了直前に決められた決勝ゴールを思い出す人もいるでしょう。
       ああいう経験をしたから日本は成長しましたし、そう考えると、今の東京Vの選手も経験を積んでいる段階だと思います。そして今の東京Vの戦いぶりは、相手を削って試合を有利に終わらせることよりもよほどいいと思います。
       きっと今後、東京Vは次第に勝つようになってくれるでしょう。そう期待しています。
      【今季の東京Vの結果】1節:東京V 1-2 横浜FM ※横浜FMの決勝点は後半アディショナルタイム3分2節:浦和 1-1 東京V ※浦和の同点ゴールは後半44分3節:C大阪 2-1 東京V ※C大阪の決勝ゴールは後半アディショナルタイム3分4節:東京V 2-2 新潟 ※東京Vの同点ゴールは後半45分5節:東京V 2-2 京都 ※東京Vの同点ゴールは後半アディショナルタイム3分6節:湘南 1-2 東京V ※東京Vの決勝ゴールは後半41分7節:東京V 1-1 柏8節:東京V 2-2 FC東京 ※FC東京同点ゴールは後半アディショナルタイム4分


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
      URL:https://www.football-zone.net/archives/524757
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ