サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      「グリーズマンを削れ」…復帰“認めない”ファンが衝撃の要求 同僚FWが返した一言は?

       フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンはかつてアトレティコ・マドリードのアイドル的存在だったが、現在はファンの間で評価が割れている。今夏の移籍市場でアトレティコに復帰したグリーズマンだが、2年前にバルセロナへ移籍した当時のことを許せないファンが今も少なくない。そんな1人と、アトレティコのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスとの間でかわされたやり取りに、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が注目している。
       練習を終えたフェリックスが、車の運転席の窓を開けてファンサービスに応じている時、その出来事は起きた。アトレティコに復帰したグリーズマンは、試合開始前の選手紹介の際に口笛を鳴らされるなど、一部のファンから歓迎されていない。彼の復帰を認めないファンは、その怒りの矛先を周囲に向けた。
       フェリックスに対して、1人のファンが「グリーズマンを削ってくれ。君に代わって、彼が先発出場するようなことがあってはいけない」と話したという。これに対して驚いたフェリックスだったが、冷静に「君はもっとグリーズマンに対して、リスペクトを持ったほうがいい」と言い返し、車のウィンドウを上げて帰路についた。そして走り去るフェリックスの車に向かって、ファンは「忘れるな! グリーズマンのスネを狙うんだ!」と叫んだ様子が、スペインメディア「El Golazo de Gol」のカメラに映されていた。
       2年ぶりに復帰したとはいえ、ライバルクラブに移籍したことを許せないファンから自分を守ってくれているチームメートのためにも、グリーズマンはピッチで結果を残していくしかない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/341934

      アーセナル最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。冨安健洋は定位置を掴めるか? 熾烈な争いになるポジションは…

      海外サッカー、Jリーグ,日本代表…世界中のサッカー情報を網羅。独自の視点で注目試合を徹底分析。他では読めない重厚なサッカー記事を提供します。

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2021/09/17/post438177/

      “飛び級”U-24で痛感した久保建英、田中碧らとの“違い”とは? 24年パリ五輪を目指すサガン鳥栖の高校生・中野伸哉のリスタート

       8月30日から1週間にわたって行われたU-20日本代表候補トレーニングキャンプ。東京五輪が終わって3週間あまり、すでに2024年のパリ五輪に向けた次世代の強化は始まっていた。
       そのメンバーの中に、高校3年生ながらすでにプロ契約を結ぶJ1サガン鳥栖のDF中野伸哉(18歳)の姿もあった。
       中野は、MF久保建英(マジョルカ)、GK鈴木彩艶(浦和)と共に東京五輪メンバー候補に名を連ねていたパリ五輪世代の1人だ。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849702

      「僕はどのポジションでも」マリノス岩田智輝24歳、“生粋のポリバレント”が大化けしそうなワケ<逆転優勝のキーマン>

      「ポリバレント」はイビチャ・オシムが日本で浸透させたサッカー用語である。
       初めて耳にした際、言葉からはまったくイメージが湧かなかったために入れ歯洗浄剤の「ポリデント」を頭に浮かべてしまったものだ。
       誰かが化学用語だと教えてくれた。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849703

      中村憲剛に聞く“オマーン戦と中国戦の違いは?” 絶賛する大迫勇也の先制ゴール「伊東純也の突破を信じて走った」

       W杯最終予選を2度経験した中村憲剛氏は、「何はともあれ勝点3を取れて良かったです。それに尽きます」と胸を撫でおろした。日本時間9月7日深夜に行われた中国とのアウェイゲームは、1対0の勝利に終わった。
      「最終予選は勝ってナンボだと、改めて痛感しました。選手たちもそれはすごく感じたのでは」と言う。自身の経験も踏まえた選手心理の考察とともに、ゲームのポイントを整理してもらった(全2回の1回目/後編に続く)。
      ◆◆◆
      「憲剛さん、最終予選はまったくの別物なんですね」 googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849725
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ