サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ニュース

      ベルギー代表・ルカクに「あなたは世界のストライカーの序列で何位ですか?」と聞いてみたら…

       ロシアW杯準決勝フランス対ベルギー戦取材のため、モスクワからザンクト・ペテルスブルグに向かう列車で、ベルギーのテレビ局に勤める記者と隣り合わせた。
       話題の中心はもちろんベルギーが劇的勝利を得たラウンド16の日本戦だったが、その記者がロメル・ルカクを絶賛していたこと、とりわけ謙虚で真面目な人間性を高く評価していたことが強く印象に残っている。
      『フランス・フットボール』誌12月8日発売号は、ティモテ・ピノン記者によるルカクのロングインタビューを掲載している。今やヨーロッパを代表するストライカーの1人となったルカクが、自らのプレースタイルと世界サッカーにおける自身のヒエラルキーについて詳細に語った。(全2回の1回目/#2へ続く・肩書などは掲載当時のままです)
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/846716

      「毎週2時間近く話している」ルカクが語ったアンリとの“特別な関係”、ロナウド「34ゴール」との比較

       ティモテ・ピノン記者によるロメル・ルカクインタビューの後編である。話題はコンディションの整え方からティエリ・アンリやディディエ・ドログバとの関係、リーダーシップ、これからの目標などへと移っていく。(全2回の2回目/#1から続く・肩書などは掲載当時のままです)
      (田村修一)
      あのNBA選手も使っている“秘密兵器”を購入――あなたのチームへのコレクティブな献身は素晴らしいですが、試合時間の経過とともに頭の明晰さを保つのは難しくなります。心身のバランスをとるために何に気をつけていますか?
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/846721

      ヘンク伊東、お洒落なバックヒール弾に驚きの声 「やばすぎるスーパーゴール」

       ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也は、現地時間24日に行われたリーグ第21節クラブ・ブルージュ戦で先発フル出場。2-3で逆転負けを喫したなかで、1ゴール1アシストと全得点に絡んだが、特に技ありのヒール弾に称賛が寄せられている。
       敵地で先制を許したヘンクは、前半24分に伊東が魅せる。左サイドを駆け上がったメキシコ人DFヘラルド・アルテアガのクロスに、ニアサイドへダイアゴナルに飛び込んだ伊東が相手と交錯しながら左足のバックヒールで合わせ、ゴール右隅に流し込んで同点に追いつく。
       ヘンクはさらに前半34分、伊東のアシストからスイス人MFバスティアン・トマが勝ち越しゴールを奪ったが、後半20分、32分と立て続けに失点して悔しい逆転負けを喫した。
       それでも2得点に絡んで奮闘した伊東に関して、ベルギーメディア「7sur7」は「イトウの華麗なヒール」と称賛。ヘンク公式ツイッターが伊東のゴール速報を出すとファンからも「オシャレヒール」「やばすぎるスーパーゴール」と驚きの声が上がっていた。
       今季はすでにリーグ戦6ゴール8アシストを記録するなど、伊東はヘンクの攻撃を牽引している。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/305099

      「プロジェクトを傷つける」 レアル、ウーデゴール移籍での“危機”をスペイン紙指摘「損害」

       レアル・マドリードのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールは出場機会を求めて期限付き移籍を志願。現在はアーセナル加入に向けた交渉中だと伝えられている。そうしたなかでスペイン紙「AS」は、ウーデゴールの移籍はレアルの“世代交代プロジェクト”の一歩後退だと伝えている。
       レアルは数年前から移籍方針を転換し、若手選手の獲得を入れてきた。ウーデゴールをはじめ、ブラジル代表FWロドリゴや日本代表MF久保建英(現ヘタフェ)など10代で台頭した才能を多く確保してきた。
       しかし、ジネディーヌ・ジダン監督率いる現在のチームの中で、実際に出番を手にしている若手選手はウルグアイ代表MFフェデ・バルベルデら一握りで、結果を残せず、すでにクラブを去った選手も少なくない。
       3度のローン移籍を繰り返し、今季からついにトップチーム合流を果たしたウーデゴールも、ジダン監督の信頼をつかめず、今度はアーセナルへのローン移籍が確実視されている。「AS」紙はこうした現状について「ウーデゴールのアーセナルへのローン移籍は、レアル・マドリードのプロジェクトを傷つける」との見出しを打って報じている。
      「昨夏にレアル・ソシエダからの復帰し、スター選手の補強と称されたウーデゴールには大きな期待が寄せられていた。しかし、彼が再びローン移籍を希望したことは一歩後退であり、チームを若返らせたいというクラブのアイディアに損害を与える」
       16歳でレアルのトップチームデビューを飾り、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者とも目されていたウーデゴール。レアルの世代交代を象徴する選手の1人だけに、AS紙は「(アーセナルの)ミケル・アルテタの下では彼の運が良い方向へと変化し、来シーズンに向けて復帰する前に彼が成長を続けられることを願っている」とエールを送った。現地メディアも22歳の動向に、大きな関心を寄せているようだ。
      【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/304980

      「プロジェクトを傷つける」 レアル、ウーデゴール移籍での“危機”をスペイン紙指摘「損害」

       レアル・マドリードのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールは出場機会を求めて期限付き移籍を志願。現在はアーセナル加入に向けた交渉中だと伝えられている。そうしたなかでスペイン紙「AS」は、ウーデゴールの移籍はレアルの“世代交代プロジェクト”の一歩後退だと伝えている。
       レアルは数年前から移籍方針を転換し、若手選手の獲得を入れてきた。ウーデゴールをはじめ、ブラジル代表FWロドリゴや日本代表MF久保建英(現ヘタフェ)など10代で台頭した才能を多く確保してきた。
       しかし、ジネディーヌ・ジダン監督率いる現在のチームの中で、実際に出番を手にしている若手選手はウルグアイ代表MFフェデ・バルベルデら一握りで、結果を残せず、すでにクラブを去った選手も少なくない。
       3度のローン移籍を繰り返し、今季からついにトップチーム合流を果たしたウーデゴールも、ジダン監督の信頼をつかめず、今度はアーセナルへのローン移籍が確実視されている。「AS」紙はこうした現状について「ウーデゴールのアーセナルへのローン移籍は、レアル・マドリードのプロジェクトを傷つける」との見出しを打って報じている。
      「昨夏にレアル・ソシエダからの復帰し、スター選手の補強と称されたウーデゴールには大きな期待が寄せられていた。しかし、彼が再びローン移籍を希望したことは一歩後退であり、チームを若返らせたいというクラブのアイディアに損害を与える」
       16歳でレアルのトップチームデビューを飾り、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者とも目されていたウーデゴール。レアルの世代交代を象徴する選手の1人だけに、AS紙は「(アーセナルの)ミケル・アルテタの下では彼の運が良い方向へと変化し、来シーズンに向けて復帰する前に彼が成長を続けられることを願っている」とエールを送った。現地メディアも22歳の動向に、大きな関心を寄せているようだ。
      【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/304980
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ