イングランド1部アーセナルは、現地時間11月29日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節でフランス1部RCランスと対戦し、6-0で快勝した。日本代表DF冨安健洋は右サイドバック(SB)で先発出場して前半だけで2アシストを記録。英メディアでもチームトップタイの評価を得ている。
 アーセナルは前半13分、冨安のクロスを相手がクリアミスしたところをブラジル人FWガブリエウ・ジェズスがつなぎ、最後はドイツ代表FWカイ・ハフェルツが頭で押し込んで先制点を奪った。
 さらに3点をリードで迎えた前半27分、冨安は絶妙なロングフィードでブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリのゴールをお膳立てしてCL初アシストをマーク。前半アディショナルタイムにも、爆速オーバーラップから絶妙なクロスでノルウェー代表MFマーティン・ウーデゴールのチーム5点目を演出した。
 前半45分間のプレーで2アシスト。チームも6-0と快勝したなか、英紙「イブニング・スタンダード」は選手採点(10点満点)でブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、イングランド代表FWブカヨ・サカ、イングランド代表MFデクラン・ライスと並んで冨安にチームトップタイの「9点」を付与。「マルティネッリのソロゴールをお膳立てするパスとウーデゴールへのエクセレントなクロスで前半2アシスト。右サイドで真の脅威となったが、ハーフタイムで交代した」と評価していた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/491594