スペイン1部レアル・ソシエダは現地時間1月29日、敵地でのラ・リーガ第19節レアル・マドリードと対戦。古巣対戦となった日本代表MF久保建英は中盤の一角で攻撃の起点となりチャンスメイクを連続して演出。海外記者も賛辞を送っている。
 トップ下で先発起用された久保は、攻め込まれる展開もありつつもソシエダの攻撃を牽引。前半から後半途中までライン間でボールを受け起点となってチャンスを作っていく。
 後半途中から右サイドにポジションを移した久保は、さらに自身の良さを発揮。同6分、自陣でのボールカットから久保がドリブルで2人をかわしカウンターへ。溜めを作って左サイドから抜け出したセルロートへスルーパスを通し、裏へ抜け出すもシュートは枠を捉えられなかった。結果的にオフサイドとなった場面だが、久保の良さが出た瞬間だった。
 さらに同10分、右サイドへとポジション変更した久保が味方とのワンツーからサイドを突破。角度のない所からグラウンダーのシュートを放つもこれはGKティボー・クルトワにセーブされている。
 その後もチャンスを作り続けた久保。好パフォーマンスを見せた日本人MFへ、米メディア「The Athletic」でレアルを取材するマリオ・コルテガーナ氏が公式ツイッターで「カンプノウ、バスクダービーと並ぶ、センセーショナルな久保」とツイート。レアル戦でも躍動していた久保のプレーを称えていた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/431874