イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、プレミアリーグ第21節レスター・シティ戦(2-2)で今季4ゴール目となる先制点をマークしたなか、クラブ公式SNSが試合前のロッカーに脚光。三笘を含む、3選手のユニフォームやスパイクを捉えた画像を公開している。
 レスター戦で公式戦6試合連続での先発となった三笘は前半27分、ベルギー代表DFティモシー・カスターニュ相手にカットインを仕掛け、ペナルティーエリア手前左から右足を一閃。綺麗な弧を描いたシュートがゴール右上隅に吸い込まれて、ブライトンに先制点をもたらした。
 試合は2-2で引き分けたものの、三笘は衝撃的なスーパーゴールを叩き込むなど存在感を発揮。特大なインパクトを残したそのパフォーマンスに海外メディア上では熱視線が注がれた。一方で、クラブ公式ツイッター上では、試合前のロッカーに脚光が当てられた。
 投稿には3枚の写真が添えられ、三笘、DFペルビス・エストゥピニャン、MFモイセス・カイセドのエクアドル代表2選手を含む、3人のユニフォームやスパイクなどが並べられている画像を公開。スパイクやシンガードの種類はそれぞれで異なり、興味深い写真になっている。
 日本のファンから注目を集めたのは三笘のスパイクだ。プーマ社製のオレンジ色シューズで、右足用の後方側面には「KAORU」の文字がプリント。また、両足のかかと付近には小さな日の丸が付けられた仕様になっており、「スパイクかっけぇ」「スパイクに日の丸入ってる」「ウルトラ特注?」との反応が寄せられていた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/430573