J1京都サンガF.C.が公式SNSを更新。今冬、ガンバ大阪から京都へ完全移籍したブラジル人FWパトリックが、沖縄キャンプで見せたフィジカルの強さにファンからは「さすが重戦車」と注目が集まっている。
【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」
 現在35歳のパトリックは2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレに期限付き移籍で初来日。ヴァンフォーレ甲府、母国フォルタレーザを経て、14年夏にG大阪へ加入して国内3冠に大きく貢献した。17年夏にサンフレッチェ広島へ移籍し、19年夏からG大阪に復帰したなか、昨季はリーグ戦22試合出場でチーム最多5ゴールをマークした。
 今冬に京都への移籍が決まり、新天地での再スタートを切ったなか、沖縄で行われているキャンプに参加。京都公式ツイッターが公開した練習風景の一部にファンからは驚きの声が上がり、注目が集まっている。
 動画ではミニマットを持ったMF福岡慎平に対して、パトリックがぶつかり、その後ボールを持ったままキープをし、もう一度福岡にタックルをするフィジカル強化の練習の様子が映し出されている。
 圧巻のフィジカルの強さが分かる投稿に、ファンからは「さすが重戦車」「強いな」「やっぱり敵にしたくない」「楽しみ」「すごい」「半端ない」「恐るべし」と、さまざまな驚きの声が寄せられている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/430416