イングランド1部ブライトンは、現地時間1月21日に敵地で行われたプレミアリーグ第21節レスター・シティ戦で2-2と引き分けた。公式戦6試合連続のスタメン起用となった日本代表MF三笘薫は、圧巻のミドルシュートで先制点を奪い、元北朝鮮代表FW鄭大世氏は「ABEMA」の放送内で「もうモンスター級」と脱帽した。
 ブライトンは前半27分、左サイドで先発出場した三笘がスコアを動かす。左サイドでボールを受けると、ベルギー代表DFティモシー・カスターニュ相手にカットインを仕掛け、ペナルティーエリア手前左から右足を一閃。綺麗な弧を描いたシュートがゴール右上隅に吸い込まれて、ブライトンが先制した。三笘はこれで今季リーグ戦4ゴール目。華麗な一撃に敵地の会場もどよめいた。
 ブライトンはその後、前半38分、後半18分と立て続けに失点。後半43分にFWエバン・ファーガソンの同点ゴールでなんとか追い付き、2-2の引き分けに終わった。
 「ABEMA」で解説を務めた元北朝鮮代表FW鄭大世氏は、フル出場した三笘に関して「もうお手上げです。脱帽です。Jリーグじゃなく、(世界最高峰の)プレミアリーグですからね」と語り、試合後にも「もうモンスター級」と感嘆していた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/430463