森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグを首位で突破し、2大会連続となる決勝トーナメント進出を果たした。優勝経験国のドイツ代表、スペイン代表を下すサプライズを起こした森保ジャパンの戦いぶりを振り返るべく、ここまで出場した全22選手と監督のパフォーマンスを査定する。(取材・文=FOOTBALL ZONE特派・河合 拓)
   ◇   ◇   ◇
【評価内容】S=抜群の出来A=上出来B=まずまずの出来C=可もなく不可もなくD=期待外れ
【グループリーグ結果/1位 2勝1敗】第1戦 ドイツ(○2-1) 得点者:堂安律、浅野拓磨第2戦 コスタリカ(●0-1) 得点者:――第3戦 スペイン(○2-1) 得点者:堂安律、田中碧
【グループEの順位/★=グループ突破】1位 日本(勝ち点6/得失点差+1)★2位 スペイン(勝ち点4/得失点差+6)★3位 ドイツ(勝ち点4/得失点差+1)4位 コスタリカ (勝ち点3/得失点差-8)
■GK権田修一 (清水エスパルス/3試合出場)【評価:A】
(出場なし)川島永嗣(RCストラスブール)、シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
 3試合を通じて、権田修一が日本のゴールを守り続けている。ドイツ戦ではチーム全体が奮闘しているなかで、PKを与えてしまい1失点。コスタリカ戦ではシュートにタイミングが合わずに唯一の枠内シュートで1失点と、ミスから失点に絡んだ。スペイン戦のアルバロ・モラタのヘディング弾も、ハイボールに強いGKであれば飛び出せていたかもしれない。このように失点シーンでの対応のミスを挙げることはできるものの、ドイツ戦、スペイン戦で権田の好セーブがなければ、日本はすでにカタールを離れることになっていただろう。特にドイツ戦では、セルフジャッジで守備陣が棒立ちとなったなかで、獅子奮迅のセービングを見せてゴールを死守。スペイン戦では相手がプレッシングをかけにくるなかでも、落ち着いたボール回しを見せ、後方における数的優位を感じさせた。この先、さらに厳しくなる戦いのなかで、S評価を付けられるような活躍を期待したい。
■DF長友佑都(FC東京/3試合出場0得点)【評価:A】吉田麻也(シャルケ/3試合出場0得点)【評価:A】酒井宏樹(浦和レッズ/1試合出場0得点)【評価:B】谷口彰悟(川崎フロンターレ/1試合出場0得点)【評価:S】山根視来(川崎フロンターレ/1試合出場0得点)【評価:B】板倉 滉(ボルシアMG/3試合出場0得点)【評価:S】冨安健洋(アーセナル/2試合出場0得点)【評価:A】伊藤洋輝(シュツットガルト/1試合出場0得点)【評価:D】
 左膝靱帯の損傷から回復した板倉滉は、負傷した冨安健洋が務めるはずであった吉田麻也のパートナー役となり、センターバックで大きな活躍を見せた。スペイン戦ではモラタのマークを外してしまい、失点に関与したものの、全体的なパフォーマンスは非常に高く、期待以上の働きぶりだと言える。同様に最終ラインを支える吉田、コンディションによりピッチに立つ時間が制限されるものの、抜群の安心感を与えてくれる冨安をA評価とした。また、スペイン戦で初出場となった谷口彰悟も十分な働きを見せてチームに貢献。しっかりと準備を怠らずに出場機会のない選手の模範となるプレーを見せられたことを高く評価したい。ピッチ外での貢献も大きい長友佑都は、ドイツ、スペインの前半も安定したプレーを見せた。伊藤洋輝は敗れたコスタリカ戦での印象が悪くD評価としたが、この先の戦いでの挽回に期待したい。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/420358