日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)ベスト16入りを懸けたグループリーグ最終戦、スペイン代表戦が現地時間12月1日に行われた。日本は前半に先制点を許したものの、後半に電光石火の逆転劇。2-1で勝利し、グループ首位で決勝トーナメント進出を果たした。決勝ゴールをアシストしたMF三笘薫のコメントにかけて、韓国メディアは「1ミリの奇跡」と伝えている。
 試合は前半11分、FWアルバロ・モラタのゴールで失点。森保一監督はハーフタイムに2枚替えを決断すると、DF長友佑都に代えてMF三笘薫を左ワイドに配置し、右のシャドーはMF久保建英からMF堂安律に入れ替えた。
 すると後半3分、三笘がスイッチを入れるようにハイプレスに出ると、GKウナイ・シモンまでFW前田大然がプレス。逆サイドまで展開したところでMF伊東純也が奪い、そのセカンドボールを拾った堂安が左足を一閃。これがシモンのニアサイドを射抜いて日本が1-1の同点に追い付いた。
 さらに後半6分、ペナルティーエリア内から堂安が右足シュートを放つとファーサイドに抜けたボールを三笘が戻し、中央でMF田中碧が押し込んだ。三笘が戻した時にゴールラインをボールが超えていたかが際どいプレーで、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が時間を掛けて確認。ボールはラインを割っていないとして、日本の逆転ゴールが認められ2-1のリードを奪い、そのまま日本が勝利した。
 三笘は田中のゴールを演出した場面について「(ラインに)1ミリでもかかっていればいいなと思った。入ったあとはちょっと足が長くて良かったなと思った」と胸中を吐露していた。
 韓国紙「ソウル経済新聞」は「ミトマの1ミリの奇跡」と見出しを打ち、「わずか数ミリの差でクロスを上げて無敵艦隊スペインを下した」「ホークアイ(鷹の目)のおかげで数ミリ単位でもボールがラインにかかっていることが分かった」と伝えていた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/420257