森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は11月27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でコスタリカ代表(同31位)と対戦する。決勝トーナメント進出への鍵を握る重要な一戦。コスタリカをはじめ、世界11か国のプロリーグでプレーした斉藤誠司氏に試合のキーポイントを訊いた。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)
   ◇   ◇   ◇
 日本は11月23日のグループリーグ初戦、FW前田大然(セルティック)を1トップに置き、前から果敢にプレスをかける戦術で勝負を仕掛けたが、徐々にドイツにいなされ、前半31分にGK権田修一(清水エスパルス)がペナルティーエリア内でファウルを犯してPKを献上。先制を許す苦しい展開となったなか、森保監督は後半開始からMF久保建英(レアル・ソシエダ)に代えてDF冨安健洋(アーセナル)を投入して4バックから3バックに変更する。
 後半12分にはDF長友佑都(FC東京)に代えてMF三笘薫(ブライトン)、前田に代えてFW浅野拓磨(ボーフム)を投入。その後もMF田中碧(デュッセルドルフ)に代えてMF堂安律(フライブルク)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)に代えてFW南野拓実(ASモナコ)と攻撃的な選手を次々にピッチに送り込んだ。すると、この采配が見事に的中。後半30分に左サイドから崩して堂安が同点ゴール。さらに同38分にはDF板倉滉(ボルシアMG)のロングボールに抜け出した浅野が名手マヌエル・ノイアー相手にネットを揺らして逆転に成功し、2-1で劇的な大金星を飾った。
 第2戦で激突するのは、初戦でスペイン代表(同7位)に7失点の大敗を喫したコスタリカ。持ち前の組織的な守備が崩壊したように見えるが、コスタリカをはじめ世界11か国のプロリーグでプレーした斉藤誠司氏は、「コスタリカが弱いというよりも、スペインの仕上がりが良く、強かった」と振り返る。
「0-7という結果だけで見たら、日本のファンの方は余裕で勝てると思われるかもしれません。でも、コスタリカは日本とFIFAランキングはあまり変わらないし、W杯での最高成績(ベスト8/2014年)も日本より上です。コスタリカ人は陽気な一方で、すごく負けず嫌いでハングリー精神にあふれていて、追い込まれれば追い込まれるほど力を発揮して戦ってきます。きっと戦争に行くような覚悟で来るはずです」
 斉藤氏は、コスタリカの攻守のキーマンとして、FWジョエル・キャンベル(クラブ・レオン/30歳)とFWジュイソン・ベネット(サンダーランド/18歳)、そして守護神のGKケイラー・ナバス(パリ・サンジェルマン/35歳)の3人を挙げる。
「ベネット選手はまだ若くて経験がなく、スペイン戦は後半16分に途中交代しましたが、コスタリカの注目株で、イングランド(2部)でプレーしている実力者です。守備面では、名門のレアル・マドリード、パリ・サンジェルマンでプレーしてきたナバス選手。7失点につながったディフェンスとのコミュニケーション不足、ナバス選手自身のミスはしっかりと修正してくると思います」


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/417785