カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で出場機会を得てから、チームのレギュラーに定着していた日本代表MF守田英正(スポルティング)だったが、W杯目前に左ふくらはぎの違和感を抱え、チーム練習への合流が遅れたこともあり、初戦のドイツ代表戦(2-1)のメンバーからは外れていた。
 出場したチームメイトたちが成し遂げた偉業には、大きな刺激を受けていると試合から一夜経った24日の練習後に語っている。
「出ていない選手は悔しかったところがあると思う。途中から出場した選手たちがああやって結果を残したことは、チームとして素晴らしいし、出られなかった選手も次に出番が来た時に、ちゃんと準備をしていれば、ああいう形で結果を残せるというのは、良い前例になったと思う」と、途中出場したMF堂安律(フライブルク)、FW浅野拓磨(ボーフム)がゴールを記録した試合を振り返り、「まぁ、悔しいっすね」と、本音をこぼした。
 練習から極端に出場機会を求めるようなアピールをすることはないというが、ドイツ戦に出場した選手たちがリカバリーする横で、コンディション調整のトレーニングをしていた選手たちは、誰もが次は自分もという思いを持っているだろうと、守田は言う。
「やっぱり選手として、その気持ちは持っておかないといけないと思いますし、そういう気持ちは、チームの助けにもなると思う。個人がどうというよりは、チームのためにという気持ちでそう思っていくべきだと思っています。僕も出られる準備はしています」と、コスタリカ戦の出場に意欲を見せた。
 日本がゴールを決めた際、守田は猛烈な勢いでチームメイトに駆け寄って行った。その姿を見て『大丈夫じゃないか!』と思ったファンもいたのではないだろうか。その時の様子について守田は「(再発しないように)ちょっと気を付けましたけどね。バカバカしいんで、ああいうのでまた怪我したら」と自重しながらのダッシュだったことを明かしている。
 中3日という過密日程での大会。コンディションが上がってきている守田の出番も、この先必ず来るはずだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/417276