11月20日に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)。日本代表は、グループリーグでドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と対戦するなか勝ち抜けるのか。グループ突破本命の一角、スペインの戦い方とは? スペインを率いるルイス・エンリケ監督を選手時代から知る元同国代表MFのルベン・バラハ氏がW杯を展望。グループリーグについて「ドイツとスペインが有力候補。日本とコスタリカもいいものを持っている」と分析している。(取材・文=島田 徹/全3回の3回目)
   ◇   ◇   ◇
――現在のスペイン代表をどう見ている?
「私は好きだ。見ていて素敵で、確かなスタイルがあり、はっきりしたプレー構築がある。ルイス・エンリケは2002年日韓W杯の時のチームメイトで、明確なアイデアがあり、何がしたいのか分かっている。スペインは若さとエネルギーがあり、プレーリズムが激しく、高いレベルの選手たちがいて勝負を決める個人技もある。何よりチームになっている。ルイス・エンリケが成し遂げているのは最近の大会で優勝を狙えるところまで来ているということ。カタール大会でスペインはそれなりのチャンスがあると思う。最有力候補とまではいかないと思うが、W杯優勝の可能性がある6、7チームの中にはいる。できるだけ勝ち進んでほしいと願っている」
――否定的な見方をするなかには、複数の主力選手が怪我で戦線離脱し、所属クラブでレギュラーではない選手たちが代表にいる、との声もある。
「それはルイス・エンリケのチームマネージメント。私が思うに、彼が選手を代表に呼ぶ時に大事にしているのは、選手たちの状態と活躍具合で、名前(ネームバリュー)ではない。スペインはプレッシャーをかける時に高い位置から激しくいき、自分たちがボールを失えば改めてプレッシャーをかけ、長い時間相手陣内で試合を進める。そういうことをするためのいくつかの条件が選手には求められる。ルイス・エンリケが見ているのは選手の状態とピーク。全員に危機感があり、絶対的な存在がいない。つまり全員が試合に出て、チームを手助けする準備ができている。チームになっていると思う。スペインではいつも大きな大会を前に否定的な見方をして、疑問を投げ掛け、批判する人たちがいる。私から見てルイス・エンリケの仕事ぶりは興味深い。何より大事なのは、彼は就任当初からここまで自分の方針を変えていない。指揮官がやり方を変えず十分なパーソナリティーがある。それはチームやグループにとって常に大事なことだ」
――選手時代からルイス・エンリケは監督としての素質があると見ていた?
「彼は常に勝利者の精神を持ち競争意識があった。2002年日韓W杯では、代表選手として最後の瞬間だったかもしれない。主役を務めるほどではなかったがチームを盛り上げ、チームとしてのコンセプトがあった。あらゆる監督にとって、大事なのはいいグループを持つということ。そういったものは選手の時から持っていて、チームのことや全員にとって良いことを考え、仲間へ発信していた」


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/412880