森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は現地時間11月17日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われた国際親善試合でカナダ代表(同41位)と対戦し、1-2で逆転負けを喫した。この試合では、後半アディショナルタイムにDF山根視来(川崎フロンターレ)が相手にペナルティーキック(PK)を献上。これがカナダの逆転ゴールとなってしまったが、このシーンについて元国際審判員・プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏が原因を考察している。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)
   ◇   ◇   ◇   
 日本は前半9分にMF柴崎岳(レガネス)の浮き球のスルーパスにMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が抜け出し、ワンタッチでゴールを決めて幸先良く先制点を挙げた。しかしセットプレーから同21分に失点すると、後半アディショナルタイムに途中出場のDF山根がペナルティーエリア内で相手の足をかけてしまい、PKを献上。このPKを決められ、1-2の逆転負けを喫している。
 まず、家本氏に判定の是非について尋ねると「ファウル自体は100%誰が見てもファウルです」と妥当との見解を示し、PKにつながった失点の流れについて考察している。
「PKになる前、カナダ側は4枚のアタッカーがダイヤモンド型にいて日本もマークに付いていました。その後、ペナルティーエリア手前のカナダ選手にパスが入った際に堂安(律)選手と柴崎(岳)選手が2枚で寄せに行ってしまった」
 家本氏はディフェンス時の連係が乱れた点を挙げ、「マークがずれた隙をカナダに突かれて、山根選手が慌てて対応せざるを得なくなったのだと思います。崩されたというよりは、マークの受け渡しが上手くいかず、自分たちで崩してしまった場面だと思います」と指摘した。
 また、「Jリーグだったらあのようなシーンで山根選手が足を出す場面はあまり見た記憶がないです。どういう理由かは分からないですが、マークの部分で少し混乱してしまったのか思わず足を出してしまったという印象を受けました」と山根の“らしくないプレー”にも言及した。
 カナダ戦では、DF酒井宏樹(浦和レッズ)がスタメンで出場。山根は後半からの出場で、柴崎のスルーパスからポスト直撃の惜しいシュートもあった。PK献上シーンは頂けないプレーではあるが、本番に向けた教訓になったに違いない。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/415218