ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン=PSG)ほどシーズンオフに移籍の噂で世間を騒がせる選手は珍しい。
 2017年夏、バルセロナとそのサポーターの強い慰留を振り切り、2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円)という史上最高額の移籍金でPSGへ移った(その理由は、金銭面、そしてアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの陰に隠れ続けるのを嫌ったためとされる)。
 ところが、PSGでチームメイトらと軋轢を起こして居心地が悪くなり、入団からわずか2年後、古巣バルセロナへの復帰を画策する。それでもPSGは「悲願の欧州CL制覇を達成するために絶対に必要な選手」と考え、頑として手放さなかった。
今夏、クラブ側が放出を考えていたワケ googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/854460