欧州海外組とは、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスという、いわゆる欧州5大リーグにいる選手だけではない。それに準ずるリーグでも虎視眈々と次のステップを狙って、成長を遂げている選手は多い。スイス1部のグラスホッパーで活躍するMF川辺駿もその1人だ。
 2021-22シーズンのリーグ終盤の5月上旬、チューリッヒ郊外にあるグラスホッパーのクラブハウスでインタビューを実施。日本メディアからの取材がほとんどないというスイスリーグにおいて、どのような毎日を送っているのか。本人の声とともに短期連載でお送りしていく。
 スイスリーグ優勝最多の27回を誇る名門グラスホッパーに入団したのは21年7月。今季34試合に出場し、7ゴール3アシストをマークし、主軸として欠かせない存在となった川辺は、自身の今季をどのように受け止めているのだろうか。(取材・文=中野吉之伴/全4回の1回目)
   ◇   ◇   ◇   
「ゴール数に関してはキャリアハイで、ゴールに絡めているのはすごく嬉しいです。ラストパスの精度をもう少し上げられたら、もう少しアシストの数も増やせられるかなとは感じています。ただ、まだまだの部分はもちろんありますし、フィジカル的なところはもう少し上げていきたいなと思ってます。あとは監督にもクオリティーをもっと発揮するところを求められます」
「海外では結果を出すことが決定的に大事」なんてよく言われる。ゴールやアシストという結果がマイナスに評価されることはない。監督の志向やチーム状況にももちろんよるものの、欧州サッカーの現場では結果にだけこだわったプレーをする選手を重用する監督は減少傾向にある。
 川辺もそのあたりのバランスに悩んだ時期があった。最初は無我夢中のまま進んでいくが、徐々に慣れてくるといろんなことを考えたり、意識したりする。ウインターブレイク後、再スタートから5試合ほどは結果にフォーカスしすぎて、あまり自分のパフォーマンスも良くなかったと明かす。
「海外では『結果、結果』と言われるけど、自分の中では結果だけではなく、まずはチームの一員として、どれだけ走って、戦えて、チームのために何ができるかというのが大切だと思いました。そのうえで試合の中にあるチャンスを生かせるか、というところが大事。冬までの半年はできていたことだったから、そこを思い出してどれだけ90分の中でチームのためにプレーできるかの重要さを感じましたし、そうすることでそこからまた点を取れるようになったんです」
「結果」というのはゴールやアシストという数字だけではなく、「チームが求めるパフォーマンスを出す」という前提がなければならない。それがなければ起用してもらえない。起用されなければゴールやアシストも生まれない。そして川辺がグラスホッパーで中心選手として起用され続けているということは、チームが求めるパフォーマンスを発揮し続けていることを意味する。
「監督が求めるサッカーというのは、言葉が全部分かるわけではないですけど、ビデオとか使って説明してくれますし、理解しているつもりではあります。まずはチームとしてどう戦いたいのかを体現するというのは、試合に出るために、最初の出場時間を手にするために大事だと思います。そこにゴールやアシストという結果も伴えば、チームメイト、チームスタッフからの信頼はさらに感じ取りやすくなるのかなと」


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/389956