スコットランド1部の名門セルティックに冬の移籍市場で加入したMF井手口陽介は、現地時間1月22日の国内カップ戦のアロア・アスレティック戦でスタメン出場をしたものの、相手選手のタックルを受け負傷交代。イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドでのプレー経験も持つマイケル・ステュアート氏は「ハード・タックルではなく、バッド・タックル」「あれはとんでもない」と語っている。
 この試合では、冬の移籍市場で加入した3人のうち日本代表への選出が発表されたFW前田大然に加え、井手口がアロア・アスレティック戦でスタメン出場。FW古橋亨梧はメンバー外で、リーグ戦で鮮やかなデビューを飾ったMF旗手怜央はベンチスタートだった。
 そのゲームの後半15分頃、井手口は相手MFモハメド・ニアンの強烈なタックルを受けて倒れ込んだ。左足首を痛めた井手口はそのまま負傷交代となったが、ステュアート氏がTV局「プレミア・スポーツ」で語った言葉をスコットランドの現地紙「デイリー・レコルド」が伝えた。
「そのプレーをリアルタイムで見た時には、昔からよくある類のタックルだと感じたんだ。だが、リプレイで見れば足首を上から踏みつけているんだ。避けようがないよ。これは『レッグ・ブレーカー(足の破壊者)』だ。井手口の無事を願うよ。だから質問に答えるならば、あれは正しくないし、昔からよくあるようなものではないし、ハード・タックルでもない。あれは『バッド・タックル』だ。あれはとんでもないよ」
 いわゆる激しさが特徴の1つとされる英国サッカーで育ったステュアート氏の目にも、井手口が受けたタックルはそれで済まされないものに映ったようだ。大きな負傷につながらないかが心配される。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:FOOTBALL ZONE/フットボールゾーンFOOTBALL ZONE/フットボールゾーン
URL:https://www.football-zone.net/archives/364064