“京都の至宝“が泣いていた。
 2021年11月28日、ジェフ千葉と引き分けて12年ぶりのJ1昇格を果たした京都サンガF.C.の宮吉拓実は、試合直後のインタビューで思わず目を潤ませた。意外にも、プロになって初めて流した嬉し涙だった。
「それまでサッカーに関して泣いたのは2回だけなんです。1度目は、2012年の元日に天皇杯決勝でFC東京に負けたとき。あの試合と、2012年と2013年のプレーオフで負けてJ1に上がれなかったことは、サッカー人生の中で一番悔しかった思い出です。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Jリーグ - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/851628