J1川崎フロンターレが1月11日、北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップを完全移籍で獲得したことを発表したなか、札幌GK菅野孝憲が自身の公式SNSを更新。旅立つ元同僚に向けて“惜別2ショット”でエールを送っている。
 現在28歳のチャナティップは2017年夏にムアントン・ユナイテッドから札幌へ移籍。Jリーグ1年目に16試合に出場すると、2年目の18年には30試合8ゴールの結果を残し、Jリーグベストイレブンに選出。“タイのメッシ”と称される実力をJリーグでも発揮し、以降も主力として活躍してきた。
 一方の菅野は18年に京都サンガF.C.から札幌に期限付き移籍で加入。その後20年に完全移籍となると、出場機会を伸ばしていき、昨シーズンはリーグ戦36試合出場、カップ戦は5試合出場と年間を通して札幌のゴールマウスを守ってきた。
 11日にチャナティップの移籍がクラブから正式に発表されると、菅野は自身の公式インスタグラムを更新し、サイン入りユニフォームを交換した“惜別2ショット”を公開。投稿には「いて当たり前など、いつも当たり前だと思ってしまっている事は日常に溢れていますね。一瞬で状況が変わるのが、このサッカーの世界 家族が選んだ人生!応援しない選択肢は無い!チャナ4年間ありがとう!仲間の活躍、頑張りが1番の栄養!俺も頑張ります #goodluck」とメッセージが添えられており、ファンから「家族だと思ったら送り出せますね」「スゲさんステキです」と反響を呼んでいた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/362243