今年9月にJ2ザスパクサツ群馬に加入したMF細貝萌は、1986年生まれの北京五輪世代だ。奇しくも同い年のDF長友佑都(FC東京)が長い海外生活からJリーグに復帰し、MF本田圭佑(スドゥバ)は自身9か国目となるリトアニアに移籍。35歳となって今なお成長を追い求める同級生たちを、細貝はどのように見ているのか。(取材・文=Football ZONE web編集部・小田智史/全4回の4回目)
   ◇   ◇   ◇
 2010年12月に浦和レッズからドイツのアウクスブルク(当時2部)へ移籍以降、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサスポル(トルコ)、シュツットガルトとヨーロッパでプレーしてきた細貝。17年3月に柏レイソルへ加入して2シーズンプレーしたのち、タイのブリーラム・ユナイテッドとバンコク・ユナイテッドで主力として活躍した。
 21年5月にバンコク・ユナイテッドとの契約満了による退団が決まってから、ザスパクサツ群馬加入が発表されるまで約4か月間、細貝はじっくりと時間を置き、チームの決断を下した。一時的ながら無所属となったことにも、「焦りはなかった」という。それは、苦しい状況でも自分と向き合い、次の道に進もうとする同世代の存在があったからだった。
「(同世代は)素晴らしい選手ばかりなので、自分を同列に並べるのは恐縮ですけど、チームが決まっていないなかで、(本田)圭佑も、(長友)佑都も、岡ちゃん(岡崎慎司)も決まっていない時期がありました。岡ちゃんとはよく電話をしていて、持っている選択肢や目指している場所に関しては聞いていました。お互いに所属先が決まった時には発表の数日前に連絡を取ったのを覚えているし、僕も地元に戻ってザスパクサツ群馬でプレーするんだと報告した際は、圭佑とか岡ちゃん、香川真司、普段から連絡を取っている選手たちが『すごくいい選択じゃん』と言ってくれて、嬉しかったです。彼らが厳しかった時期、悩んでいる時期も知っているので、僕もそこまで焦りはなかったと思います」


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/353013