「ユリアン・ナーゲルスマンがバイエルンの監督になる」
 そんなオフィシャルニュースがドイツ中を駆け巡ったのは、今年の4月下旬のことだ。2500万ユーロという監督としては破格の資金を投資してまでドイツの盟主が全力で獲得に動いたわけだが、ドイツ国内では「ナーゲルスマンは、バイエルンにとって疑うことなくスリリングな“実験”となる。経営的に難しいコロナ禍で、果たして“実験”をやり通すことができるだろうか」と懐疑的な声もあった。
バイエルンはタイトルだけで測られる バイエルンには、良くも悪くも幾多のタイトルを勝ち取ってきた重鎮OBがたくさんいる。彼らには発言力がある。バイエルンの矜持を胸に宿す彼らは、バイエルンがバイエルンであるために何が必要かを重く説く。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/850742