2020年11月に亡くなったサッカー界のレジェンドである元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナを偲んで、親善試合「マラドーナ・カップ」がスペインの強豪バルセロナとアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズの間で行われることが発表された。
 バルセロナが現地時間25日に公式発表した情報によると、12月14日にサウジアラビアの首都リヤドでボカ・ジュニアーズと対戦するという。
 マラドーナ氏は幼少期からボカ・ジュニアーズの熱狂的なファンであり、1981年から82年までプレー。その後、バルセロナに移籍して3シーズンプレーした。その後、ナポリ、セビージャ、ニューウェルズ・オールドボーイズと渡り歩き、キャリアの最後はボカ・ジュニアーズで過ごした。
 アルゼンチン代表としてワールドカップ優勝や、その過程での「神の手ゴール」や「5人抜き」といったストーリーには事欠かず、また自由奔放すぎる行動からサッカー界では永遠の問題児という存在であり、死後も遺産の行方などで騒がせた。
 それでも両クラブによる親善試合が行われる1日は、サッカーファンにとって伝説的な名選手を思い出す日になりそうだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/347720