ラ・リーガやヨーロッパサッカーの試合撮影を精力的に行っている現地在住の日本人フォトグラファー中島大介氏。そのオリジナル写真を定期的に掲載している。
 今回はUEFAチャンピオンズリーグ、グループステージのビッグマッチ。アトレティコ・マドリーと南野拓実が所属するリバプールの一戦。シメオネとクロップの両名将、そしてサラーやグリーズマン、ジョアン・フェリックスらワールドクラスのプレーをファインダー越しに追ってもらった。
凛々しい表情でアップする南野、笑顔のサラー 10月19日、CLグループステージ3戦目のアトレティコ・マドリー対リバプール戦の撮影に向かいました。2シーズン前には、このカードがラウンド16で組まれ、下馬評を覆してアトレティコが勝ち抜けを決めました。その際も撮影していましたが、激戦だったことを覚えています。また今回は、リバプールに所属する南野の出場にも期待しました。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/850320