鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏は日本車に40年乗っているなか、細部まで再現した愛車のレプリカを発売。81台限定で、「コレクター向けに1/18スケールで再現」とブラジルメディア「MOTOR SHOW」が報じている。
 ブラジル代表の10番として長らく活躍した“神様”ジーコ氏。母国のフラメンゴに所属していた1981年の第2回トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)で南米代表として来日し、欧州代表のリバプール戦(3-0)で全3ゴールの起点となり、2アシストの活躍を披露してMVPを受賞した。
 この時の副賞として贈呈されたトヨタ・セリカをジーコ氏は大切に乗り続けており、今も愛用している。記事では「トヨタ・セリカ:ジーコが大会40周年を記念してミニカー発売」と紹介。「メーカーから贈られた車は、トロフィーとともに今もジーコのところにある。走行距離はすでに10万キロを超えている」と触れつつ、ジーコ氏の愛車を再現したミニレプリカ発売を伝えている。
「コレクター向けに1/18スケール(約25センチ)でこの車を再現することにした。81台が製造され、シリアルナンバーが付けられている。透明なアクリル製の箱に入っており、本物を証明する証明書も付いている」
 ジーコ氏はトヨタカップ後、住友金属(鹿島アントラーズ)で活躍。日本代表監督も務めるなど日本との繋がりが一層深まり、現在も鹿島のテクニカルディレクターとして尽力している。ジーコ氏にとって、愛してやまないトヨタ・セリカは、日本との絆を物語る象徴的存在なのかもしれない。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/347406