2019年から柏レイソルでプレーするブラジル人MFマテウス・サヴィオが、22日までに自身のSNSを更新。日本の人気漫画「ドラゴンボール」に登場する孫悟空に扮(ふん)した0歳息子のミニ悟空ショットを公開している。
 19年夏に母国のセントロ・スポルチーヴォ・アラゴアーノから柏へ期限付き移籍。1年目はJ2リーグで19試合7ゴールと活躍し、昇格に大きく貢献した一方、負傷による長期離脱もあり、昨年は6試合ノーゴールに終わっていた。
 投稿では、「ミニ悟空、私たちの生活を明るくするために来た赤ちゃん!」と説明。今年5月に誕生した第1子長男が登場し、孫悟空が作中で着用している「悟」マーク入りのオレンジ色道着を身に付けた姿を届けた。一つ前の投稿では「君の笑顔が一番美しい!」と綴っており、ハグショットも紹介している。
 今季は出場と欠場を繰り返していたなか、第30節から4試合連続でスタメン出場を続けているM・サヴィオ。22日の第33節浦和レッズ戦(1-5)では、一矢報いる今季初ゴールを決めるなど復活の兆しを見せており、終盤戦の爆発に期待が懸かる。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/347281