マジョルカの日本代表MF久保建英は、新シーズン開幕からリーグ全4試合に出場し、攻撃陣の一角を担っている。今週末には古巣ビジャレアルとの一戦を控えるなか、クラブ公式YouTubeチャンネルで練習中のゴールシーンが取り上げられると、ファンからは「無駄が無い」「トラップがうますぎ」といった感嘆の声が上がっている。
 久保は前節のリーガ・エスパニョーラ第4節アスレティック・ビルバオ戦(0-2)で4-2-3-1のトップ下で先発。立ち上がりから押し込まれる展開となったなかでチャンスに絡めず消化不良の一戦となったが、ゲーム序盤には華麗なボールタッチで相手を抜き去る美技を披露しファンを沸かせた。
 観る者を魅了するテクニックはトレーニング中も健在で、クラブ公式YouTubeチャンネルで公開された動画のワンシーンでは高度な技術を随所で披露している。ゲーム形式のトレーニングで、久保は攻める方向とは逆向きに体を向けて浮き球を左足で受けると、すかさず前にボールを持ち出しドリブルを開始。そのままマーカーを置き去りにしゴール前まで持ち込むと、角度のない位置から左アウトサイドでシュートを流し込んだ。
 この一連のプレーに対し、コメント欄には「無駄が無い」「力みないゴール」「トラップがうますぎ」「天才」「姿勢がブレない」「上手い」といった感嘆の声が続々。何気なく巧妙な技を繰り出す姿に熱視線が注がれ、現地時間19日にビジャレアル戦を控えることもあり「ビジャレアル戦マジで楽しみだ」「試合でのゴール待ってます!」「ゴールが見たい!!」といった期待の声も寄せられていた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/341784