移籍市場の期限が迫った8月31日、冨安健洋がアーセナル加入を発表しました。アビスパ福岡からシント・トロイデン(ベルギー)、ボローニャ(イタリア)と着実にステップアップを遂げ、今や国内でトップレベルのDFに成長した冨安が、一流プレーヤーが揃うプレミアリーグの舞台に挑戦します。吉田麻也がサウサンプトンに移籍した時もそうでしたが、22歳という“選手キャリア”の一番いい時期を最高の舞台で迎えることはとても羨ましい。大きな決断だと思います。
高校3年生の2016年にトップチームに昇格し、そこからレギュラーに定着。20歳を前に海を渡った ©︎AFLO

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849722