5月15日はJリーグ初年度となった1993年の開幕戦が行われた日で、「Jリーグの日」に制定されている。Jリーグ公式ツイッターは、記念日までのカウントダウンを始め、「懐かしの助っ人外国籍選手たち」と題して、“浪速の黒豹”こと元カメルーン代表FWエムボマの豪快弾を回顧している。
 今回Jリーグ公式ツイッターが取り上げたのは、1997年4月12日に万博記念競技場で行われたJリーグ 1stステージ第1節のガンバ大阪対ベルマーレ平塚戦(4-1)だ。
 1997年にフランス1部パリ・サンジェルマンからG大阪に移籍したエムボマは、シーズン開幕戦でいきなり魅せる。
 G大阪はFW松波正信の2ゴール、さらにはMF小島宏美のゴールで3点のリードを奪う。迎えた後半27分だった。
 右サイドの松波からパスを受けたエムボマは、ペナルティーエリア手前左からマーカー2人の間を強引にドリブル突破しようとするも、相手の足に当たってボールが浮き上がる。これを右足でリフティングして自分のほうに引き寄せると、さらに素早く体を反転させて左足で蹴り上げ、落ちてきたボールを利き足の左足で豪快にシュート。強烈な一撃がゴール右隅に突き刺さり、挨拶代わりの初ゴールを決めた。
 投稿で「ガンバ大阪のエムボマ選手が魅せた。脅威のテクニックとボレーシュート」と紹介されると、往年のファンからコメントが相次いだ。
「衝撃を昨日のように思い出す」「今見てもやっぱりバケモノ」「これは当時びっくりした」「異次元ってこのこと」「ダンスを踊っているようだ」
 “浪速の黒豹”の異名を取ったアタッカーは、1年目から28試合25ゴールで得点王を獲得。日本での活躍をきっかけに、その後セリエAやプレミアリーグへのステップアップを果たした。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/321520