「アトレティコは鮮やかに勝って、仕切り直さなきゃいけない。この先も、こんな試合を続けていたら優勝は難しい。チーム全体が鈍重だ」
 1990年代のアトレティコ・マドリーで活躍し、現役時代のディエゴ・シメオネのチームメイトでもあったキコは、3月21日に行われたリーガ第28節のアラベス戦を酷評している。
 この試合、アトレティコは1-0で勝利した。が、格下相手に試合をコントロールできず、攻めのぎこちなさや守備の脆さが、またもや露呈した。86分に与えたPKをGKヤン・オブラクが止めていなかったら、1-1の引き分けに終わっていたかもしれない。
優勝間違いなしの前半戦とは一転…©Getty Images

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/847576