ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、年収100億円以上を誇るなど、サッカー界屈指の稼ぎを誇る。これまでも高級車などその裕福な生活が取り上げられてきたが、恋人の飼っている愛猫にも惜しまずお金を投じたようだ。
 ロナウドと恋人のジョージナ・ロドリゲスさんは、高級ジュエリーやスーパーカーなどこれまでもセレブリティーな生活が注目を集めてきた。英紙「デイリー・ミラー」によると、“ペペ”と名付けられたロドリゲスさんの飼い猫が、2人が住んでいるトリノの豪邸から脱走した際、車にはねられてしまったという。
 愛猫ペペは「スフィンクス」と呼ばれる高価な品種。2年ほど前からジョージナさんが飼っているとされるが、今回の交通事故により動物病院で数週間入院。ジョージナさんは妹のイヴァナさんに預けるため、ロナウドが保有しているプライベートジェットを利用して、スペインに飛んだ。飛行機内で子供たちとくつろぐ様子は、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)にもアップされていた。
 ペルー紙「エル・コメルシオ」によれば、プライベートジェットのレンタル費は3600ドル(約38万円)だったという。2人にとっては、愛猫のためならまったく痛くない出費だったようで、海外メディアも今回の“プライベートジェット輸送”に注目していた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/309729