ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也は、現地時間24日に行われたリーグ第21節クラブ・ブルージュ戦で先発フル出場。2-3で逆転負けを喫したなかで、1ゴール1アシストと全得点に絡んだが、特に技ありのヒール弾に称賛が寄せられている。
 敵地で先制を許したヘンクは、前半24分に伊東が魅せる。左サイドを駆け上がったメキシコ人DFヘラルド・アルテアガのクロスに、ニアサイドへダイアゴナルに飛び込んだ伊東が相手と交錯しながら左足のバックヒールで合わせ、ゴール右隅に流し込んで同点に追いつく。
 ヘンクはさらに前半34分、伊東のアシストからスイス人MFバスティアン・トマが勝ち越しゴールを奪ったが、後半20分、32分と立て続けに失点して悔しい逆転負けを喫した。
 それでも2得点に絡んで奮闘した伊東に関して、ベルギーメディア「7sur7」は「イトウの華麗なヒール」と称賛。ヘンク公式ツイッターが伊東のゴール速報を出すとファンからも「オシャレヒール」「やばすぎるスーパーゴール」と驚きの声が上がっていた。
 今季はすでにリーグ戦6ゴール8アシストを記録するなど、伊東はヘンクの攻撃を牽引している。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/305099