サウジアラビアリーグで生まれたゴラッソが、プスカシュ賞(年間最優秀ゴール)有力だと注目を集めている。海外メディアも「ファンタジーでユニーク」「魔法のようだった」と報じている。
 1月19日に行われたサウジアラビア1部リーグ第14節のアル・シャバブ対アル・ファイサリー戦で話題の一撃が決まった。
 ホームで先制を許したアル・シャバブは前半34分に反撃する。センターサークル付近でボールを奪ったポルトガル人FWファビオ・マルティンスがドリブルで運び、左サイドのサウジアラビア代表FWアブドッラー・アルハムダンへスルーパス。ダイレクトの折り返しを、ゴール前に走り込んだマルティンスが小さく飛びながら右足のバックヒールでジャストミートし、豪快に同点ゴールを突き刺した。
 英サッカー情報サイト「The 18」は、「このファンタジーでユニークなゴールはたしかにプスカシュ賞に値する」と見出しを打ち、「サウジアラビアリーグで信じられないようなゴールが生まれた。非常に壮観で、正直プスカシュ賞に値する。このゴールがそれにふさわしいか、憶測や予測は必要ない」と報じた。また、オーストラリアメディア「news.com.au」も「アクロバティックなゴールは魔法のようだった」と称賛している。
 ポルトのユースから、ブラガなどポルトガル国内のクラブを渡り歩き、今季からサウジアラビアへ活躍の場を移したマルティンス。このゴールで一躍、世界にその名を轟かせる形となった。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/304907