新型コロナウイルスの影響で2020年は、小学生年代のフットサルの全国大会であるJFAバーモントカップ第30回全日本U-12フットサル選手権が中止となった。その大会の代わりに開催されたのが、U-12フットサルチャンピオンズカップだ。
 U-12フットサルチャンピオンズカップは全国各地で予選が行われ、計230チームが参加。ペンサールフットサルスクールは、関西予選を勝ち抜き、全国大会への出場を決めた。ペンサールは、Fリーグのシュライカー大阪でプレーしていたFP中田領が代表を務めるフットサルスクールであり、これまでは大会に出場していなかった。だが、今年はサッカーチームの活動が制限される子供も多く、今大会に出場することになり、全国大会に向けて新たにユニフォームも新調した。
 小学生年代では、男子と女子が一緒にプレーしていることも多いが、今大会に出場していた唯一の女子選手が飯田雫瑠さんだ。「お兄ちゃんがサッカーをやっていた」ことからサッカーを始めたという彼女は、チームの最終試合となった順位決定戦に出場。サッカーではFW、トップ下、ボランチなどでプレーしているという彼女は、「シュートを決めたり、相手を抜いたりするのが好き」と話す通り、DFを引き付けておいてスルーパスを放つなど、全国大会でも得点に直結するプレーを見せていた。
 中学年代では、セレッソ大阪レディースの下部組織に進むことが内定している。全国大会を戦った感想を聞くと、「レベルの高いチームもいるし、初めて見た選手もいる。上手い選手のプレーを盗んで、これからの自分のプレーにつなげていきたい」と言い、「シュートの質を上げていきたい」と、しっかりと課題を見つけていた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/295408