J1川崎フロンターレは21日、リーグ戦第28節大分トリニータ戦に敵地で臨んだ。勝てば現行の18チーム制になってから最速の優勝が決まる一戦となっているが、前半に退場者を出して先制点を奪われるという厳しい展開となっている。
 序盤は大分がボールを保持しながら川崎ゴールに迫る展開に。前半24分には大分が右サイドを完全に崩し、ペナルティーエリア内でMF町田也真人、FW伊佐耕平とつないで決定的なシュートを放つ。しかしこれは川崎GKチョン・ソンリョンが驚異的な反応でゴールを割らせなかった。
 何とか反撃したい川崎だが、前半34分にはさらなる逆境に直面する。大分は町田のパスからMF野村直輝が抜け出し、GKと1対1になろうかというところでDF谷口彰悟が手で倒してしまい、PK献上。さらには手を使っての得点機会阻止でレッドカードも提示され、残りの時間を10人で戦うこととなった。
 このPKを野村が決めたことにより、大分が先制。川崎はJ1優勝に向けて試練の時を迎えている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/294252