バルセロナの敗因は、物議を醸した疑惑のVAR判定でもロナルド・クーマン監督の刹那的な采配でもない。空っぽのカンプノウ──。クラシコ史上初めて無観客での開催となった寂寥感漂う舞台装置こそが、最大の敗因だった。
 クラシコから、狂気や憎悪が消えて久しい。“ペセテーロ”(守銭奴)ルイス・フィーゴめがけて豚の頭が飛び、ジョゼ・モウリーニョがティト・ビラノバに目潰しを食らわせ、悪童ペペがピッチに倒れたリオネル・メッシの手をしらじらしく踏みつける。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/845558