振り返れば、ヤツがいる――。コロナ禍の影響で10カ月ぶりの活動となった日本代表のオランダ遠征。カメルーンにスコアレスで引き分けて中3日で臨んだコートジボワール戦、ボランチに入った遠藤航のキビキビとした汗かきっぷりには恐れいった。
 とにかくしつこい。
 攻から守への切り替えでは必死に戻ってボールホルダーにまとわりつき攻撃を遅らせるだけでなく、右サイドでジェルビーニョと1対1になる室屋成をフォローして中への侵入を防ぐことも忘れない。
 とにかくしぶとい。
 相手がヘディングでつなごうとしたところに食らいついて、GKまでボールを戻す。それで終わりではなく、すぐにポジションを取って受けたパスを左サイドの久保建英につなげてチャンスにしている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/845485