「サッカーの神様」と謳われた元ブラジル代表10番MFのジーコ氏(現・鹿島アントラーズテクニカルディレクター)が、公式インスタグラムを更新した。23日に80歳の誕生日を迎えたサッカーの“王様”こと元ブラジル代表FWペレ氏を祝福し、2ショットを投稿。感謝を述べている。
 ジーコ氏は、1970年代から80年代にかけて世界的スーパースターの1人として数々の伝説を生んできた。現役時代は、「白いペレ」とも称されるほどの卓越したテクニックと得点力を誇り、母国の名門フラメンゴで長くプレー。ブラジル代表として1978年、82年、86年とW杯に3度出場し、89年に引退するものの、91年に鹿島の前身である住友金属に加入し、“常勝軍団”の礎を築いた。Jリーグ創設以降の日本サッカー界に多大な影響を与えた。
 一方、80歳を迎えたペレ氏は、ブラジルの名門サントスで頭角を現すと、類稀な得点能力を発揮。17歳の時に1958年スウェーデン・ワールドカップ(W杯)に出場すると、衝撃的なプレーを連発してブラジルの初優勝に貢献した。一躍世界的なスーパースターとなったペレ氏は、62年チリ大会でW杯2連覇を達成。さらに70年メキシコ大会で3度目のW杯制覇を果たし、伝説となった。
 そんななか、ジーコ氏はサッカー王国ブラジルが生んだ2人のスターが並ぶ貴重な2ショットを公開。ペレ氏の80歳の誕生日を祝福し、「ブラジルと世界のサッカー界のためにあなたがしたことすべてに感謝します。たくさんのおめでとうと、健康を祈っています」と、投稿している。
 がっちりと握手をかわし、笑顔で写っている超豪華な一枚に、元日本代表MFラモス瑠偉氏(東京ヴェルディチームダイレクター)も反応。「比べるものもないほどの事で本当におめでとうございます。そして、日本サッカーのために素晴らしいコラボレーションをしてくれたジーコにも感謝します」と称えていた。ファンからも「キングとペレ。素晴らしい、天才」「二人とも歴史上で最高の選手」「世界最高とペレ」と興奮気味なコメントが相次いだ。
 サッカー界の伝説となる2人の“共演”は、世界中から大きな反響を呼んでいた。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/289657