北京五輪と、2度のW杯をともに戦った岡崎慎司は、盟友・内田篤人の“観察力”をこう評している。
「ウッチーは目に見えるものだけじゃなくて、その奥に秘められたキャラクターや心情、本質まで見通しているんだと思い知りました。もちろん甘さも。(中略)内田篤人という男は普通じゃない。いつも冷静に見透かしているようなヤツだから、気が抜けません」(Number PLUS内田篤人引退特別号)
 仲間と相手の特徴を見抜き、自チームが勝利するために最適な手段を選択する。そうやって、名門シャルケで7シーズンもプレーし、チャンピオンズリーグではベスト4を経験した。Number PLUS「欧州蹴球名鑑2020-2021」では、8月に現役を引退したばかりの彼に、欧州で奮闘する日本人選手たちの本質を“見透かして”もらった。
©Asami Enomoto

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/845437