ビーレフェルトの日本代表MF堂安律は現地時間17日、ブンデスリーガ第4節のバイエルン・ミュンヘン戦に先発出場。1-4と敗れたなか、後半13分に鮮やかな移籍後初ゴールを奪い、ドイツ王者相手に一矢を報いた。
 日本代表のオランダ遠征を終えてクラブに戻った堂安は、バイエルン戦にスタメン出場。しかし、昇格組のビーレフェルトは前半から王者に力の差を見せつけられた。
 前半8分に元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーに先制を許すと、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキにも同25分、45+1分と2ゴールを奪われ、前半だけで0-3とされた。さらに、後半開始早々にもミュラーに決められてリードを4点に広げられたなか、同13分に堂安が意地を見せる。
 ビーレフェルトはカウンターを仕掛け、FWファビアン・クロスがペナルティーエリア手前でマーカー2人を引きつけて右サイドを駆け上がってきた堂安へパス。フランス代表DFベンジャマン・パバールがチェックに来るなか、堂安は縦に仕掛けて相手が足を出してきた瞬間に、利き足とは逆の右足でシュートを放つ。パバールの股を抜いた一撃が名手マヌエル・ノイアーの手の先を抜け、左ポストをかすめてネットを揺らした。
 今季オランダ1部PSVから期限付き移籍してきた堂安にとっては、これが記念すべき移籍後初ゴール。試合には1-4で敗れたものの、日本代表アタッカーが見せたパフォーマンスを海外メディアも称えている。ドイツ紙「ヴェストファーレン・ブラット」が、試合レポートの見出しに「バイエルンは強すぎたが、ドウアンは彼の最高のパフォーマンスを飾る」と打てば、スペイン紙「マルカ」は堂安の得点シーンについて「リツ・ドウアンが素晴らしく解決」「クロスショットでノイアーを破った」と伝えている。
 開幕4試合目で初ゴールを奪った堂安。チームは完敗を喫したとはいえ、ドイツの絶対王者相手に奪った一撃は今後に向けて弾みとなるはずだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/288684