プレミアリーグ王者リバプールは現地時間17日に、4連勝で首位を走るエバートンとの“マージーサイド・ダービー”を迎える。ライバルとの大一番へ向けて、日本代表MF南野拓実がスタメン起用されるかも現地で話題となっているなか、クラブ公式インスタグラムは練習中の1本の動画を投稿。今季新加入のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの華麗なテクニックと、それを見つめる元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの姿が話題を呼び、公開から約20時間で400万再生を突破している。
 昨季30年ぶりにリーグ王者となったリバプールは、開幕3連勝と絶好のスタートを切ったものの、4日に行われたアストン・ビラ戦では2-7とまさかの歴史的惨敗を喫した。悪い流れを断ち切るべく、17日には敵地グディソン・パークで因縁のライバルであるエバートンとの“マージーサイド・ダービー”に臨む。
 開幕4連勝と絶好調の相手との一戦に向けて調整に余念がないリバプールだが、公式インスタグラムに練習場での一コマを映した動画を投稿。水のボトルを手にしていたチアゴが遠くに視線をやりながら、右手で自身の胸を一度叩き“ボールをよこせ”と要求する。次の瞬間、ライナー性のボールが飛んでくるとチアゴは右足アウトサイドで華麗にトラップ。空中に浮いたボールを頭、左太もも、右足、左足、右足とリフティングすると、美しいフォームの右足ボレーで蹴り返した。
 この映像をリバプール公式インスタグラムは、「タッチ」の一言とOKのハンドサインの絵文字を添えて投稿。コメント欄にはファンから「信じられない!」「滑らかすぎる」などチアゴの技術に対する称賛も寄せられたが、それ以上の盛り上がりを見せたのは司令塔の背後を歩きながら温かい眼差しを送っていたミルナーの姿と、チアゴがトラップする前に左手から離した水のボトルが地面に綺麗に着地した点だ。「ミリーが驚いて見る」「ミルナーが技術に感服」「ミルナーはとても嫉妬している」「ミルナー少年を見て」「ボトルが完璧に着地した」「彼はボトルさえコントロールして落とした」など様々なコメントが寄せられていた。
 リーグ戦では第2節のチェルシー戦に途中出場したのみのチアゴ。エバートンとの一戦で卓越した技術を披露する機会は訪れるだろうか。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/288342