現役時代に“重戦車”の異名を取った大型ストライカーの元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が、今週末に迫ったセリエAの新シーズンを前にイタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」に見どころを語っている。今季の注目の1人である、王者ユベントスのアンドレア・ピルロ新監督について「リスクは感じない」と断言した。
 ヴィエリ氏は1990年代後半から2000年代前半にかけて、インテルやイタリア代表で活躍。相手を引きずっていくようなパワーあふれるプレーで、重戦車という異名も取った。インテル時代の2002-03シーズンには24ゴールを奪い、セリエAの得点王にも輝いている。
 そのヴィエリ氏は、新シーズンの本命を10連覇に挑むユベントスだとした。一方で、現役時代に“マエストロ”の異名を取ったとはいえ、指導者デビューがいきなりセリエA王者というピルロ氏への不安は指摘されるところ。しかし、ヴィエリ氏は全く心配がないと自身の考えを示した。
「リスクは感じない。もし自分が監督を志すなら、いつどのレベルのチームを率いることになっても準備ができていないといけない。確かに、彼は少年チームの指揮すらしたことがないが、プレーヤーとして最高レベルのものをすべて目にしてきた。それは経験のバックボーンになると言えるし、彼はユベントスをよく知っている」
 ヴィエリ氏は、クラブチームや代表チームの双方で世界一を獲得しているピルロ氏の経験は、指導者としての経験がないことへの不安を緩和するものになると指摘した。そして、「アンドレア・アニェッリ会長が彼を信頼して選んだ。バルセロナでジョアン・ラポルタ会長が(ジョゼップ・)グアルディオラをそうしたのと同じことだ。とても強力なチームはそこにある。あとはピルロ次第だ」と、期待を込めて語った。
 すでに3バックと4バックを併用してシーズンを戦うことなど多くの予想がされているピルロ氏の監督1年目だが、まさにチームのマエストロとしてハーモニーを奏でることができるのか、大いに注目される。
【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/283699