ブンデスリーガの新シーズンが、現地時間18日に行われるバイエルン・ミュンヘン対シャルケの一戦で幕を開ける。開幕を間近に控えたなか、ドイツ紙「ビルト」がポジション別の注目選手を特集した記事を掲載し、そのなかで日本人選手ではMF部門で遠藤航(シュツットガルト)と鎌田大地(フランクフルト)、FW部門で大迫勇也(ブレーメン)が取り上げられている。
「この掘り出し物と言える選手たちをスタメンに入れるべきだ」と題した同記事では、昨シーズンまたはプレシーズンマッチでのパフォーマンスを基に、ドイツ国内での知名度はそれほど高くないものの、新シーズンでの活躍が見込まれる選手が特集されている。
 3人の日本代表選手が名を連ねたなか、昨季シント=トロイデンからレンタル移籍でシュツットガルトに加入し、1部昇格に貢献した遠藤については、「昨年シュツットガルトに移籍。完璧な新人として活躍して昇格のキーマンとなった」と、MF部門の注目選手の1人として紹介。さらに「中盤で激しく闘うことのできる選手であり、チームの牽引役と言える存在。ヘディングの競り合いも非常に強い」と、2シーズンぶりにブンデスリーガに戻ってきたシュツットガルトで中心的な役割を担える選手であると評価している。
 遠藤とともにMF部門で選ばれた鎌田については、「昨シーズンはヨーロッパの舞台で大活躍したこのフランクフルトの小さな巨人は、チームにとって最大の発見とも言える存在の1人だった。彼は、特にザルツブルク戦やアーセナル戦などUEFAヨーロッパリーグ(EL)で素晴らしいパフォーマンスを見せ、チームに多くの勝利をもたらした。フランクフルトは今季ヨーロッパの主要大会には出場しないので、鎌田は国内リーグでよりたくさんの出番を得るはずだ」と、今季はレギュラー定着の可能性が高いと分析されている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/283552