オランダの小都市アイントホーフェンは、ヨーロッパ有数の電気機器メーカーである『コーニンクレッカ・フィリップス』(通称フェリックス)社が本社機能を置き、斬新で前衛的なデザインを施したビルや住宅が建ち並ぶ近代的な街並みが特徴です。でもそれは、第二次世界大戦時の戦火で歴史的建造物のほぼすべてが破壊されて以降、この街の住人たちのたゆまぬ努力と情熱によって成された復興の象徴でもあります。
 2020年の2月初旬、街の中心部から北に約4キロ先の森の中にあるプロサッカークラブの練習場で、苦闘を重ねる日本人の若者がいました。伸び悩むチーム成績で指揮官が交代し、自らは厳しいチーム内競争で忸怩たる思いを抱いていました。
 それでも彼らしい所作でこの荒波を越える覚悟を示していました。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/845056