マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は現地時間13日、リーグ・アン第3節パリ・サンジェルマン(PSG)戦でブラジル代表FWネイマールを相手に好ディフェンスを見せ、1-0の勝利に貢献した。クラブ公式ツイッターは、ネイマールに対する酒井の守備映像集を作成して称えており、股抜き阻止の完璧な対応を「見事だった」と注目している。
 フランスのナショナルダービーは90分間でイエローカード14枚、レッドカード5枚が飛び交い、試合終盤にはネイマールを含めて計5人が退場処分となる乱闘劇が注目を集めたなか、右サイドバックで出場した酒井は左ウイングのネイマールと何度も対峙。前半7分の場面ではドリブル突破に対して繰り出したスライディングタックルがファウル判定でイエローカードを取られたが、後半8分にはリベンジとばかりに好プレーを披露した。
 左サイドから攻め上がったネイマールと右コーナー付近で対峙した酒井は、相手の動きを読み切って股抜きを狙った瞬間に左膝を下げて、ボールをブロック。ブラジル代表の至宝との駆け引きに勝利する完璧な守備で自由を与えなかった。
 この“股抜き阻止”には多くの称賛の言葉が寄せられたが、マルセイユ公式ツイッター日本語版は「PSG戦、大活躍だった @hi04ro30ki(酒井宏樹)にフォーカス。あなたはどのシーンが一番のお気に入り? コメントで教えてね」と綴り、酒井とネイマールのマッチアップをメインに編集した58秒の映像を公開。ネイマールの突破に対して足を延ばしてカットする場面や、ネイマールへの縦パスをスライディングでクリアするプレーも収録されている。
 これまで米スポーツ専門局「ESPN」や衛星放送「FOXスポーツ」に勤め、現在は英メディア「Dugout」のアジア部門編集長・映像編集部リーダーを務めるマーカス・チャン氏も、酒井の対応を称賛している。
「見事だった。突破されないように常に集中していても、ネイマールのようなトリッキーな選手を止めるのは非常に難しい。守備側は少しでも優勢になろうとする際、どうしても股を開いてしまいがちだが、ヒロキは素晴らしいリアクションを見せた」
 ネイマールがPSGに加入した2017-18シーズンからリーグ・アンの舞台で対峙してきただけに、経験則も生かした酒井のディフェンスは多くの称賛を浴びている。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/283405