セルビア1部パルチザンの日本代表FW浅野拓磨が、9日のリーグ第3節ヤボル戦で2試合連続ゴールを決めたなか、爆発的なスピードで奪ったゴールに注目が集まり、「ボルトより速い」と感嘆の声が上がっている。
 浅野はヤボル戦で開幕から3試合連続スタメン出場を飾ったなか、チームは前半25分までに3-0とリード。そして迎えた後半31分に日本の快速アタッカーが魅せる。自陣からグラウンダーのパスが送られると、絶妙なタイミングで抜け出した浅野が反応。圧倒的なスピードでボールに追いかけ、相手GKとの1対1でかわし、最後は無人のゴールに左足で流し込んだ。
 浅野はこれで前節のノヴィ・パザル戦に続き2試合連続ゴールと活躍。チームも4-0とリードを広げて、今季2勝目を挙げた。クラブ公式インスタグラムで浅野のゴールを祝福し、公式YouTubeチャンネルではゴール映像を公開している。
「ボルトより速い」「サムライ」「ブラボー」と称賛のコメントが相次いでおり、“人類最速の男”と称された元陸上男子短距離のウサイン・ボルト氏にたとえる声も上がった。日本が誇るスピードスターの働きは海外のファンからも認められているようだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/276690