ベルギー1部の開幕戦3試合が現地時間8日に開催され、MF森岡亮太の所属するシャルルロワはクラブ・ブルージュと対戦。森岡が決勝点を挙げ、1-0の勝利を収めた。現地メディアは「日本人はチャンスを逃さなかった」と称えている。
 2019-20シーズンが新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなったベルギーは、他国に先駆けて新シーズンをスタート。8日に6チームが開幕戦を迎え、シャルルロワは昨季王者のクラブ・ブルージュと敵地で対戦した。
 森岡は昨季のリーグ戦で29試合6得点を記録し、主力の座を確立。シャルルロワ2年目の今季も開幕戦から先発出場を果たした。前半は互いにスコアレスに終わったものの、後半に見せ場が待っていた。
 スコアレスドローもチラついてきた同33分、クラブ・ブルージュのベルギー代表DFブランドン・メシェレのパスミスを奪った森岡は、ドリブルで相手陣内を独走。最後はベルギー代表GKシモン・ミニョレとの1対1を制し、左足のシュートをゴールに流し込んだ。
 この1点が決勝点となり、シャルルロワはチャンピオン相手に開幕戦から勝ち点3を奪取。ベルギーメディア「VoetbalPrimeur.be」は「ミスを逃さず森岡が勝利を確保」と見出しを打ち、「シャルルロワは忍耐強くチャンスを待ち、後半33分にメシェレが突如としてミスを犯す。クラブ・ブルージュのDFはボールを森岡の足元へと供給してしまい、日本人はチャンスを逃さなかった」と値千金の決勝点を称えている。
 クラブ・ブルージュは昨季、ホームではわずか1敗しか喫していなかった。“難攻不落”の敵地での勝利により、シャルルロワは上々の滑り出しを飾ったと言っていいだろう。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/276491