イタリア・セリエAの王者ユベントスは、現地時間8日にマウリツィオ・サッリ監督の解任を発表。そして、同日中の夜にクラブのレジェンドでもある元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏の監督就任を発表した。
 ピルロ氏は当初、来季からU-23チームの監督に就任することが発表されていた。レアル・マドリードでのジネディーヌ・ジダン氏や、バルセロナでのジョゼップ・グアルディオラ氏のようにセカンドチームでの経験を積むことでトップチームの指揮官に育て上げるというプランがイタリアメディアでは報じられてきた。
 しかし、ユベントスは7日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦で、2-1で勝利したものの、2試合合計スコアで準々決勝進出に失敗。2011-12シーズンにアントニオ・コンテ監督の下で始まったリーグ戦の連覇こそ「9」に伸ばしたが、その安定感のなさは9シーズンで最も弱いとすら批判を集めていた。また、クラブとサッリ監督の関係も順風満帆ではないという評判だった。
 ピルロ氏はユベントスと2年契約を締結したと伝えられている。以前のインタビューでは「世代別のチームでキャリアを積むのは好みではない」と話していただけに、いきなりのトップチーム挑戦も望むところなのだろう。
 ACミラン時代に中盤の底からゲームメークする“レジスタ”としてのポジションを確立したピルロ氏は、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)ではイタリア代表の優勝の原動力になった。その後、ユベントスでは9連覇の初年度から4シーズンプレーし、その後に米メジャーリーグサッカーでのプレーを経て引退。熟練の技術を生かしたプレーには“マエストロ”の称号も与えられた。
 今後は、まさにその指揮者としてイタリア王者のタクトを振るうことになる。果たしてピルロ氏は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらが所属する人材豊富なメンバーをどのようにまとめ上げていくのだろうか。
【登録初月無料!】ついに再開のJ1リーグ戦はDAZNで配信中!

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/276497