ユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラが、インスタグラムで質問に答える企画を行い、キャリアのなかで7シーズンにわたってチームメートのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語っている。
 ケディラは2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で、当時の中心選手だったMFミヒャエル・バラックの負傷をチャンスにポジションを奪うと、ドイツ代表として全試合に出場し3位に貢献。そしてシュツットガルトからレアル・マドリードへとステップアップした。
 そこで5シーズンプレーしたケディラは、その後にユベントスに移籍。レアル時代にチームメートだったロナウドも2018年の夏に加入し、今季が2シーズン目の終盤にあたっている。ケディラはそのロナウドについて、プロフェッショナルとして尊敬すべき人物だと語った。
「ロナウドとはレアルで5年、ユベントスで2年を一緒にプレーしているけど、選手として特別なだけでなく、人間的にも素晴らしい。僕の意見では、サッカーの歴史の中でトップを争う人物だね。彼は技術と野心を持ち、トレーニングですら常に勝利を求める。誰にとっても見本になる人物だし、サッカー選手としてもそうだね。彼とトレーニングから時間を共有できるのは幸せなことだよ」
 ケディラは頼れるチームメートのロナウドを絶賛したうえで、将来的にサッカー選手を目指す子供たちには現実的な厳しい言葉も発している。
「まずは才能が必要で、それは買うことができない。あるか、ないか、そういうものなんだ。もし才能があるなら、次に熱意を持つこと。そうでなければ人生のなかで、特にサッカーの世界では何もできない。そして規律を尊重してハードワークすること。近道はないが諦めないことだ。規律を重んじて毎日のハードワークをすると同時に自分を信じること。それが重要なことだ」
 ケディラの話す才能を持ち、ハードワークを続ける人物像の象徴こそロナウドと言えるのかもしれない。ロナウドにとっても、ケディラはキャリアのなかで長年にわたってともにプレーする選手になっているが、大きな影響を与えていることは間違いなさそうだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/263166