浦和レッズの日本代表DF槙野智章が公式インスタグラムを更新した。「過去動画」と題して、日本代表合宿時に撮影したと思われる動画を投稿。ガンバ大阪のFW宇佐美貴史との熱唱シーンにファンから大きな反響が寄せられている。
 昨季は、最終節まで残留争いに巻き込まれるなど苦しいシーズンを過ごした浦和。AFCチャンピオンズリーグではアル・ヒラル(サウジアラビア)との決勝に進みながらもアウェーの第1戦を0-1で落とし、迎えたホームでの第2戦も0-2と完敗して準優勝に終わった。J1リーグ戦は14位に沈み、今季はタイトル奪還に向けて巻き返しを図る。
 今季はJ1開幕となる2月のベルマーレ湘南戦で3-2と白星発進した浦和。だが、新型コロナウイルスの感染拡大により、リーグは中断を余儀なくされている。3月に予定されていた日本代表戦やU-23日本代表戦だけではなく、今夏開催予定だった東京五輪も来年への延期が決定。Jリーガーからも感染者が出るなど、予断を許さない状況のなか、槙野は公式インスタグラムを更新した。
 「過去動画」と題して、日本代表の練習着を着た槙野と宇佐美が宿舎の廊下を歩きながら、大黒摩季の「ら・ら・ら」を熱唱。メロディに乗りながら歌う槙野に対して、宇佐美が“ノリノリ”の合いの手を入れており、ムードメーカーらしくその場を盛り上げている。槙野はこの動画に歌詞の一部を添えて「逢いたい、逢いたい、I miss you‼︎ 槙野&宇佐美貴史」とし、「#皆に元気を届けたい」「#皆に笑顔を届けたい」と締めくくっている。
 これに、宇佐美本人が「やばい」と絵文字付きで反応。宇佐美とG大阪時代の同僚で日本代表のMF堂安律(PSV)も泣き笑いの絵文字でコメントし、槙野は「笑顔届けるわ!笑」と、綴った。槙野と宇佐美の“爆笑”動画にファンからは「ノリの良い2人」「いいよいいよ!このコンビいいよー!」「笑った!」「こーゆーのもっと見たいです」「2人とも面白すぎ笑」「元気出ました」「こんなに仲良しなんだ」と大きな反響を呼んでいる。明るい代表コンビの歌声は多くの人に元気を与えたようだ。


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/255024