今月下旬に開催予定だったU-23日本代表親善試合の南アフリカ戦とコートジボワール戦が新型コロナウィルスの影響で中止になり、代表の活動も実施しないことになった。世界的に感染が広がり、日本も対応に追われている中、この中止は致し方ない。
 U-23アジア選手権(タイ)でグループリーグ敗退を喫したチームが、強化に必要な親善試合を2つ失い、東京五輪に向けて遅れていたチーム作りがさらに遅れてしまう。
 そのため、世論的には「東京五輪の代表チーム、大丈夫かよ」と森保一監督の今後を不安視する声が大きいが、個人的には今の段階でのチーム作りの遅れについてはほとんど心配ないと思っている。
googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1568261389535-0'); });

※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/842797