新型コロナウィルスによる肺炎の被害は連日、アジアを中心に世界各地で報告されている。そんななか、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリは、自身のSNSを通じてアジア人を蔑むような動画を投稿。イングランドサッカー協会(FA)が調査を行い、処分を受ける可能性を指摘されていたが、ジョゼ・モウリーニョ監督は「処分は不要だと感じている」と、見解を述べている。英紙「デイリー・スター」が報じている。
 問題の動画を投稿したアリは、その後に投稿を削除して謝罪の意を示したが、FAは調査に乗り出していた。昨年11月には、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバがSNSへの投稿が差別的と判断され、1試合の出場停止と5万ポンド(約700万円)の罰金を科された。アリの動画も人種差別的、あるいは侮辱的だと判断された場合、同様の罰則が科される可能性がある。しかし、モウリーニョ監督は「それは必要のないことだと思う」と、コメントした。
「この件に関して、私はいかなる判断を下すことができない」と前置きしたモウリーニョ監督。「必要ないと感じるのは、選手自身が何をしてしまったかを理解しているからだ。彼は良い人間であり、チーム内にも大好きなアジア人の親友がいる」と、韓国代表FWソン・フンミンと良い関係にあり、アジア人を特別に見下しているわけではないと説明した。
「彼は即座に学んだし、自身の行動を恥ずべきものだと理解した。それ以上、私たちが何かをする必要があるとは思わない。もちろん私は彼と話し合った。でも、その会話は簡単なものだった。なぜなら彼は自身の犯したミスを痛感していて、とても申し訳なく思っているからね。彼には誰かを蔑んだり、傷つけたりするつもりはなかった。即座に後悔して若気の至りであることに気付き、謝罪もした。若い人のなかには、自分がどんな過ちを犯したか気づかない人もいる。それに対して、彼は素晴らしかったと思う」
 サッカー界が人種差別の撲滅に取り組んでいるなかで、デレ・アリは自身の愚行により世界中から非難されている。モウリーニョ監督は擁護したが、果たしてFAは問題なしという判断を下すのだろうか。
【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


※海外サッカーのランキングをチェック♪

掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
URL:https://www.football-zone.net/archives/246776